ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

療育センター合同研修会リポート

「子育ても、保育も、教育も、療育も、大切なことの根っこは変わらない」
f0148974_07373775.jpg

名古屋市は東部地域療育センターぽけっとにて、市内の施設職員さんの合同研修会にお呼びいただきました。

今回は、療育センターや児童デイなど、障害のある子どもたちとの関わりを専門とする職員さんの研修会でしたので

○保護者理解・対応の視点をふまえて、子ども達を取り巻く環境、さらには保護者を取り巻く社会と背景についての整理と課題

○発達の障害を問わず、様々な子どもの育ちに関わる上で大切なポイント

この二点を切り口に色々とお話しさせてもらいました。

僕は現在、障害のある子ども達だけを中心に仕事をしているわけではありませんが、逆にいえば、ふだんから当たり前に、園で、学校で、街の中で、ワークショップを通して出会い、関わらせてもらっています。

なにより、僕自身がこの仕事、体験型のワークショッププログラムをメインとして事業をはじめたルーツは、学生時代に障害のある子ども達とのサークル活動やキャンプリーダーをさせてもらう中で、学校教育以外の教育の形や、体験活動の魅力に出会ったことにありました。

また、その縁から、仕事として、九年間、茨城県内の発達障害の子ども達の親子キャンプのディレクターを、同時に埼玉県内の障害がある子ども、親のサークルの交流会も10年にわたり担当させてもらっていました。

そうした経験もふまえて、今考えていることは、きっと専門をとわず、職員さん達にも通じるだろうと思い引き受させてもらいました。

内心、どこまでお伝えできるのかというのはドキドキしていましたが、おかげさまでご好評いただき、各所から「今度は施設内研修を」と、嬉しいお声をたくさんいただきました。(少しだけ感想をご紹介します。写真をお読みください。)
f0148974_07373782.jpg

f0148974_07373836.jpg

f0148974_07373875.jpg

f0148974_07373903.jpg

f0148974_07373939.jpg


今回の研修を通して、皆さんのリアクションから確信したことは、子育て、保育、教育、療育、そのカテゴリーは関係なく、大切なことの根っこは、変わらず大切だということでした。

また学びあいましょう!
ありがとうございました(*^_^*)
[PR]
by doughnut-official | 2017-01-18 07:33
<< 遊びの価値についてとアクティブ... 新年のご挨拶 >>