人気ブログランキング |
ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「わが子の見方 わが子の味方」

今日は、コトリエ親子クラスのリポートから。
f0148974_801094.jpg

親子クラスは、基本はそれぞれの親子のペースで遊びながら、時々、子どもの色々な見方についておしゃべりして、学びあいます。

「私は、子どものやることを待つ練習をしにきてる感じです。」

そう話してくれたのは、新メンバーの親子のお母さん。

ついつい先回りしたくなったり、
自分がこうしたほうが良いと思うとつい言たくなってしまう。

と自身を振り返りながらも、
今度コトリエにつれてきたいという、小学2年生のお兄ちゃんの素敵な話を聞かせてくれました。

お兄ちゃんは、数字が好きなそうなんです。
それである時、お兄ちゃんの自由帳に数字が1から順にびっしり書いてるのを見たお母さんは。

なにこれ、ちょっとこわい、、

と思って聞いたんだそうです。

「なに書いてるの??」

するとお兄ちゃんの返事、

「数字の終わりを探してるんだよ。」

と。

子どもの発想が自分とは全然違うから。
視野を広げたい、とお母さん。

自分では、小言を言っちゃうのよね、と言うけれど、でも、そういう親の葛藤も込みで、あったかい母ちゃんだから、お兄ちゃんもそんな風にいられるんでしょうね。

コトリエが、子どもも大人も関係なく、遊びながら、学びながら、育つ場所の一つになれば嬉しいです。
by doughnut-official | 2015-12-09 08:01 | 親子のWS
<< 「見立て遊びと生活のつながり」 「絵に込められた思い」 >>