ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「表現のはじまりとおわり」

f0148974_18071520.jpg

今日はこどものアトリエ、コトリエの様子からリポートです。

小学生クラスのなーちゃんは、コトリエでやりたいことを自分で考えてきます。
今日も、

「カバンを作る。」

そういって、材料探しからはじまりました。

型にするダンボール、ひも、テープ、布、糸と針etc

使えそうな材料を集めると、どんどんと作っていきます。

作りはじめるときに、

「どうやって作るか一緒に考えようか?」
と聞いてみましたが、

「大丈夫。」と一蹴。

途中で戸惑っている様子のときにも、もう一度、

「手伝おうか?」

と聞いてみましたが、これも

「大丈夫。」と一言。
f0148974_18071685.jpg



そうして作り続け、いよいよ完成という時です。

出来上がろうとするカバンを見て、

なーちゃんは、

「ニヤリ」

と笑いました。

誰に見せるでもなく、
一人静かに、ニヤリっと。

それはもう、めちゃくちゃ良い顔で。
見れて良かった。

表現って、結局のところこれが全てではないかと思います。

表現の醍醐味には、
表現したものを
誰かが面白がってくれたり、
喜んでくれたり、
そういう楽しみもいっぱいありますが。

そういう楽しさ嬉しさは、
気をつけないと時々、
自分を惑わせることもあり。
他人が喜んでくれるものと、自分の作りたいもののアンバランスをもたらしたりもします。

まずは、自分が作りたいものを作る。
そして、自身で、納得する。満足する。嬉しくなる。
もっといえば、自分のものさしや価値観を深めていく。

それが表現のはじまりであり、おわりだと。

なーちゃんのニヤリとしたほほえみ。
そして、作ったカバンを肩にかけて帰る背中を見ていて思いました。

子どもたち一人一人が、自身の表現に向かう場としてのコトリエ。

興味のある方はぜひ遊びにいらしてますください♩
f0148974_18071650.jpg


[PR]
by doughnut-official | 2015-11-21 18:04
<< 「絵に込められた思い」 「地域の中で育つ子どもたち ... >>