ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「自由な表現活動の土台」

f0148974_2245361.jpg
みなさま、すっかりごぶさたしておりました。
毎日暑い日が続いていますが、お元気でしょうか。
気づけば二か月ぶりの更新になってしまいました。
楽しみにしていてくださった方、すいません!
たっぷりためた分、色々と報告をしていければと思います。

おかげさまでたくさんの素敵な出会いをいただき、6月は新記録更新です!!
なんともありがたいことに、子ども達とのワークショップが13本
保育者の研修、保護者への講演が10本
さらに保育雑誌の撮影が2本
という怒涛のスケジュールでしたが、どれも本当に楽しくて、子どもたち、親たち、保育者たち、みなさんと、ドキドキ・ワクワクしながら過ごさせていただきました。
ありがとうございます。

ということで、各地でのワークショップを報告していきたいと思います。
まずは、年間で講師を担当させてもらっています、つるた保育園さんでのワークショップの模様から。

***
新年度、一回目だったので、まずは今年のメンバーが、色々な素材、方法を前に、一人ひとりがどんな反応を見せてくれるのか、そこからはじめていくことにしました。

のりものを描く、
f0148974_22463167.jpg
お花を描く、
f0148974_2247182.jpg
好きなように描く。
f0148974_22472761.jpg
カメラを作る、
f0148974_2248119.jpg
動物とお家を作る、
f0148974_2248171.jpg
思うままに作る。
f0148974_22491983.jpg
さらには、
膨らんだ想像の世界で、さらに友達とごっこ遊びをしたり、
f0148974_22501853.jpg
黙々と描き続けたり、
f0148974_22514136.jpg
ごっこ遊びのあと、また戻ってきて作ったり、
f0148974_2252381.jpg
色々な姿を見せてくれました。
f0148974_232366.jpg
f0148974_2332379.jpg
f0148974_2355590.jpg
それぞれが自分の興味・関心を見つけ、表現していく子ども達と、
それを受け入れて、寄り添って、一緒に楽しむ先生達です。
新年度、一年間思いっきり楽しむ準備はバッチリのようでした。

****

子ども達が思い思いに自分の好きな素材と方法を選んで表現する。
その行動の背景の一つには、ここはそれらが受け入れられる空間だという共通認識が、
子どもたち、先生たち、そして僕の中にあるからなのだと思います。

自分の好きなアイデアを描く・作るというのも同様で、
ここにはどんなアイデアを形にして、ときに失敗しても、否定されないという共通理解があるからなのだと思います。

自分の好きなペースで表現の時間を過ごせるというのも、そうです。

なぜ受け入れられるかというと、
子ども達一人ひとりの考える力や表現する力、自ら育つ力を信じているから。

受け入れられることの共有とは、いいかえれば、安心です。
今年も一年、ひとりひとりが安心の雰囲気の中で、じっくり、たっぷり表現の時間を満喫してもらえればと思います。
つるた保育園のみなさん、新年度もよろしくお願いいたします(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2014-07-17 23:14 | 幼稚園・保育園などのWS
<< 「保育士という仕事について、想... 「文教大学 生涯学習センター ... >>