人気ブログランキング |
ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「つながるこころ」

みなさんこんにちは!
さて今日は、先日おこなった月一回のお楽しみ、ララガーデン川口さんでの親子工作ワークショップの様子からリポートしたいと思います。

今回は紙袋を使って、どうぶつてぶくろを作りました。
袋に手を入れ、口をパクパク。すると色々な動物が見えてきます。
思い思いのどうぶつ・モンスターを作って遊びましたよ。
f0148974_21324798.jpg
f0148974_2133322.jpg
f0148974_21331092.jpg
そしてこの一年、ララガーデンさんでのワークショップで特に注目しているのが、
このイベントを通して新たに生まれる人とのつながりやコミュニティについてです。
毎月の開催を楽しみにしてくれる、常連さんとなった子ども達と少しずつ関係ができていく中で、彼ら・彼女らが魅せてくれる真心には、たくさんの喜びと学びをいただきます。
今日はそんな子ども達の素敵な心をおすそわけしますね。


おみやげ
まずは参加が三回目となる女の子のことです。
先月はきていなかったので、二か月ぶりに会いました。
すると、
「ひでちゃん、ひさしぶり♪」
右手をあげて、ニコリとあいさつをしてくれました。
その挨拶だけでも十分嬉しかったのに、こう続けます。

「ねぇ、手~だして。おみやげもってきたんだよ。」

僕が手をだすと、ポンっと手のひらにのせてくれたのはこれ。
f0148974_21341751.jpg
飴玉です。
とても小さな飴玉ですが、
彼女が家で、出発の支度をしているときに、
「あ、ひとつおみやげを持っていこう。」
なんて思って、お家にあった飴の袋から一粒だしてポケットにしまっている姿を想像すると、とても大きな気持ちがつまっているようで、その気持ちがなによりのおみやげでした。


名前
「ひできくん!」
僕の名前は「ひでひと」なのですが、そう呼んでくれる男の子がいます。
f0148974_21351191.jpg
最初呼ばれたときは、
「ひでひとだよ。」
と、一瞬訂正しようかとも思ったのですが、
「ひできくん」と呼ぶ時の彼の調子が、僕も気に入ってしまったので、そのまま「ひできくん」と呼ばれることにしました。
というのも、

今日は何を作って遊ぶの?
いつも楽しみにしてるんだぜ。
めちゃくちゃ楽しかったよ。
もっと遊びたいね。
ありがとう。

そういう気持ち全部が、このたった一言、
「ひできくん」
って、名前を呼ぶことに込められている感じがするんですね。
それくらい、声の大きさも、つよさも、はりも耳心地よい響きなのでした。
お母さんに話を聞くと、毎月カレンダーに印をつけて楽しみにしてくれているそうで、嬉しいものです。

名前を呼ぶって、それだけで、ものすごく気持ちが伝わるんだなぁと、気づかせてもらいました。


お手伝い
三つ目も常連さんできてくれる、また別の男の子の話です。
参加したての頃は、ひげ兄ちゃんの僕にだいぶ緊張していたのですが、
最近では完成した作品を笑顔で見せにきてくれるようになりました。

そんな彼が、今回のイベント終了後、ふと見ると、自分のスペースのゴミ拾いだけではなく、会場の片づけ(会場の各所に設置してあるセロテープとクレヨン、はさみを集める)をはじめたのです。
僕も、彼のお母さんも、「しよう」とは言っていません。

でも、僕がひとあし先に一台集めていたところを見たのか、
あるいは以前に片づけているところを見ていたからなのか、

両手で抱えてやっと持てるくらいの、彼にとっては重たいテープカッターを、一生懸命に集めてくれるのでした。
f0148974_21361162.jpg
その姿を見てお母さんも
「家で片付けしてるところなんてまだ見たことないのに。」
と、嬉しそうに言っていました。

こうした遊びのワークショップを実践していると、
「子どもに好きなように遊ばせてばかりいてはだめだ。片づけもさせないと。」
という言い方を聞くこともありますが、そうしてやるのはあくまで強制された片づけです。
でも、彼の片づけはそうではありません。

自分の気持ちが満たされていく中では、
「楽しく遊んだから、片づけもやろう。」とか
「楽しかったから、お礼に手伝おう。」とか
言葉にしなくともそういう心が生まれていて。
そうやって自分なりの理由を見つけたら、片づけだってやるんですね。

子ども達自身が主体をもっている自由の中で、ものごとを判断する基準は、ただ「自分が楽しければいい」という自分勝手なものではないことがよく伝わってきました。

****

ということで、今回参加してくれた三人の子ども達の素敵な場面を紹介させてもらいました。

子ども達の豊かな心を信じる。

言葉にしてしまうとなんともつきなみになってしまいますが、あらためて、僕はそういう子ども達の心や、自ら育つ力を信じたいし、信じた上で、いつでも、どこでも、丁寧に出会っていきたいと思いました。

毎月呼んでくださるララガーデン川口さん、そして来てくださったみなさん、
ありがとうございました(*^^*)
by doughnut-official | 2014-01-24 21:37 | イベントなどのWS
<< 「一年間を通して見せてもらった... 「集中についての誤解」 >>