ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

日光幼稚園連合研修会

f0148974_1424932.jpg
さて、新年最初のリポートは、栃木県は日光市幼稚園連合会の職員研修からです(^^)

「巳年の意味は、探究心と情熱。その気持ちをいっそうもって保育にむきあっていたいですね。」
「子どもたちと過ごせる喜びを感じて、学んで、たくさん子ども達に返していきましょう。」

園長先生のこんな素敵な挨拶からはじまった、本日の研修会。
みなさんと一緒に、僕自身もたくさん学ばせていただきました。
今回の一番のポイントは、

先生たちの中にある、作品に対する上手、下手という感覚や、先生自身がもっている得意意識or苦手意識をとっぱらう

ということ。

先生の中には、絵や造形の作品に対して優劣の感覚をもっている人がいるかもしれません。
それはきっと、自分たちも子どもの頃そうやって教わってきているからなのでしょう。
でも、、そもそも自分を表現するという活動に、そんなこと関係ないのではないか、と僕は思います。

自分の思うように表現できれば嬉しい。
自分の思うように表現できなければもどかしい。

そういうプロセスにこそ、育ちの時間があるのだと思います。
しかし、、、
子どもたちの中にもすでに比較の中での得意意識、苦手意識をもっている子もいますよね。
それは、すでに誰かしらの大人に評価されてきた子ども達です。

そんな子ども達を前にして、
先生が得意や苦手の意識をもつこと、
先生がクラスの子どもたちに評価をもちこむことは、
子ども達が、表現のプロセス、試行錯誤を体験することから遠ざけてしまうことにもなる。
そんなもったいないことはないですよね。

僕らが願うのは子ども一人ひとりの育ち。
だからこそ、先生は自分が上手かろうが、下手かろうがそんなことは関係なく、
素敵な提案者、そして応援者として、子どもたちがのびのびとできる環境を作っていきたいですよね。

と、こんなことを皆さんと確認しあいました。

講座前半は夢中になって作り、後半は皆さん真剣に学んでくださる姿がすごく印象的だった先生たち。きっとこのワクワクが子どもたちの元に届くんだろうなぁ。思いっきり楽しんでくださいね。
f0148974_1432298.jpg
2013年が、子ども達、先生達にとって素敵な一年となりますよう、心から祈っております☆☆
日光幼稚園連合会の皆さん、そしてご縁をつないでくださったこどものとも社タシロさん、
本当にありがとうございました(*^^*)
f0148974_1433355.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2013-01-16 22:00 | 研修会・講演
<< 「心地よい空間で 子ども達が魅... HAPPY NEW YEAR ... >>