ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

工作WS「ビックリおばけをつくろう!」

恒例となりましたララガーデン川口さんでの親子工作ワークショップ。
今回はハロウィンということで、お化けの人形をつくって遊びました。
f0148974_13402358.jpg
今日はいくつかのエピソードをオムニバスで紹介しようと思います。
f0148974_1341158.jpg
f0148974_13251019.jpg
f0148974_13252644.jpg
*******
「まだ間に合いますか~!!」

ワークショップ開始からしばらく経った頃、
一組の親子さんがかけこみでいらっしゃいました。
お顔を見ると以前にも参加してくださったお客さん。

「三時からでしたよね。お買い物してて、気づいたら遅くなっちゃって。」
すごく急いで来てくださったようで、少し息をきらしていました。
その姿だけでもこの企画を楽しみにしてくれていたのが伝わってきます。
もちろん大歓迎で参加していただきました。

*******
今度はお昼休み。
フードコートで席をとり、ご飯を買って戻ってくると、隣の席には見慣れた親子さんが。毎月参加してくれている常連さんです。

「ほら!やっぱりこれひでちゃんの荷物だった!」

なんとテーブルに置いてある荷物をみてわかったのだそうです。
小学校の話などをしながらランチを楽しく過ごさせてもらいました。

*******
嬉しかった再会の話をもう一つ。
先月から参加してくれている別の親子さんは、メインで参加するのは4歳のお兄ちゃんで、その周りを歩き回って遊んでいる妹ちゃんが一歳でした。
一カ月という時間の中でも、妹ちゃんの歩き方、体の使い方には確かな成長が見られて、見ていると僕まで幸せな気持ちになりました。
「成長してますねぇ。」
「わかりますか、そうなんですよ♪」
話しながら、お母さんと一緒にその成長ぶりを喜ばせてもらいました。

*******
ワークショップが終わるときにも嬉しい場面がありまして。
自分たちの作った人形をきっかけに、初めましての子ども達が遊びはじめました。
すると、それを見たお母さん達の間にも自然と笑顔や会話が生まれていました。

*******
一つ一つは小さなやりとりですが。
僕と参加してくれた人たちの間や、参加してくれた人たち同士の間に、
ほんのすこしだけど、関係ができていくのを実感させてもらっています。

ここには、学校、保育園、公園、公民館、お店、そういう場所のカテゴリーに関係なく、
人が集まり、出会う場所には、ほんの少しのきっかけで温かなコミュニティが生まれ、さらには子育てを共有していけるんだという、ノーボーダーの可能性があって。
そして、参加してくれる親子のみなさんが喜んで、たくさんの人が参加してくれることにララガーデンさんも喜んで、このような機会をもらえる僕も嬉しくて、そういうみんな嬉しい素敵な関係があって。

これからも本当に楽しみで、ありがたい場所です。

参加してくれた皆さん、そしてララガーデン川口さん、本当にありがとうございました(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2012-10-15 07:03 | イベントなどのWS
<< お絵かきWS「秘密の学校改造設計図」 「学びのタイミング」 >>