ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「保育のものさし」

僕はワークショップをやっているときや、考えているときに大切にしている基準があります。

それは、
「子ども達は笑っているか。」と「自分は笑っているか。」の二つ。

子どもたちがこの世界に生まれてきて。
生きるのって楽しいなぁ、幸せだなぁ。
大人たちも見てると楽しそうだなぁ。

っていう時間からはじまらなかったら、生きてく喜びも学びも夢もないように思います。
だから、まずは子どもたちも自分も笑って過ごせること、それを一番大切にしたい。

笑えない理由になるような計画なんて捨てちゃえ!
[PR]
by doughnut-official | 2012-09-07 10:50 | コラム・エッセイ
<< 保育士講座「宇都宮民間保育園合... 「再会」 >>