ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

子どもを信じる環境

こんにちは!久しぶりになってしまいましたが、しっかりリポートしていきたいと思います。
さて今日は栃木県の陽だまり保育園さんでのワークショップの様子です。
f0148974_16165584.jpg
時間は朝の九時半、、
子ども達はすでに準備万端元気モリモリでした。

ワークショップが始まると、ホールの中にはしだいに静かな空気が広がっていきます。
聞こえてくるのは、子ども達が自分の発見や作業を確認するつぶやき。
途中で入ってきた園長先生もその空気を感じて、静かに、嬉しそうに子ども達の姿を見ていました。
f0148974_16171785.jpg
f0148974_16172981.jpg
そうして、あっという間に12時!お昼ご飯となりました。
僕がいいます。

「そろそろ片付けようと思うんだけど、」

すると子ども達

「えー!!」
「まだやめたくない!」
「もっとやりたい!」

大好きなこと、思いのあることに対する子ども達の集中力は本当にすごいですね。
こんなにも自分たちの意思で「やりたい!」といえる気持ちを前にしたら、
僕が止めるわけにはいきません。
僕もその日は夕方まで空いていたので、園長先生に相談にいきました。

「お昼寝のあとも、もしできるならやりたいんですけど、どうでしょう。」

すると園長先生、すぐにお返事くださいました。

「もちろん!ひでちゃんの都合さえよければ、ぜひ!」

こうして結局この日はなんと、夕方の五時半までみっちりやったのでした。
親御さんたちがお迎えにきはじめたのであらためて、

「今度こそ本当に、片付けようと思うんだけど、」

というと

「えー!!」
「まだ帰りたくない!泊まる!」
「明日もやる!」

後片付けの終わる最後の最後までそういっていました。

こんな風に思える場所があるって、すごく素敵ですよね。
子ども達一人一人の思いがあって。
その思いに丁寧に寄り添い、環境を支えてくれる保育士達がいる。
これは、子ども達が自ら学んでいけるために、本当に大切な条件だと思います。

一日の活動をどこまでも子ども達の主体にまかせられるのは、
子ども自らの成長する力を信じているからこそ。

大空組さん、虹組さん、
これからも自分たちの力と判断でしっかり育っていってくださいね。
僕も楽しみにしています。

一日OKにしてくれた園長先生&担任の先生達、ありがとうございました!
そして子ども達のみなさん、ありがとうございました!

f0148974_16175751.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2012-07-08 16:11 | 幼稚園・保育園などのWS
<< 「遊び」の境界線 工作WS「くるくる飛行機をつく... >>