ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

イキイキした子ども達とそれを支える大人達

昨年に引き続き、福岡県は粕屋町に呼んでいただきました(^^)
今回は五つの園の子ども達、総勢200人に出会わせてもらいました。

二百人に会えたということは二百もの色に出会えたということ。
その一人一人の思いやアイデアが面白く、そのエネルギーの集まりは、めちゃくちゃ輝いていました。
子どものエネルギーって本当にすごい!写真には全然おさまりきらないけど、その姿を少しでも見てみてくださいね。
f0148974_1836165.jpg

f0148974_18361825.jpgf0148974_18362639.jpg







f0148974_1836418.jpgf0148974_18375751.jpg







f0148974_1838813.jpgf0148974_18383155.jpg













f0148974_18384481.jpg

そして、夜の食事会では、三園の園長や先生が集まってくださり、保育の話で盛り上がりました。
f0148974_18391820.jpg

ここの先生達は園同士の連携が本当に素晴らしいんです。
中でも印象深かったのは
「私たちは子ども達にとって良いなと思うことなら、他の園といつも共有するようにしてるの。だって園は違くても、みんなこの町で育つ子ども達なのだから。」
という言葉。

保育や教育の現場では
「私達の保育(教育)によって、うちの園の(学校の)子ども達は~ができるようになるんです。」
といったように、自分達の保育観を子どもの成長と結びつけ、独自のものとして話す声が少なくありません。

それに対して、この先生達の気持ち。

「この町で育つ子ども達は、みんな大切。」

その通りだと思います。
こんな風に自分たちの町を、暮らしを、社会を見て、子ども達を支える大人がいる。
子ども達はその安心感だけで百人力、あとは自分達自身の力で健やかに育っていくのではないでしょうか。

西保育園、中央保育園、中原保育園、わかば保育園、めぐみ保育園のみなさん、本当にありがとうございました(#^.^#)
[PR]
by doughnut-official | 2012-02-02 18:52 | 幼稚園・保育園などのWS
<< おえかきWS「鹿児島幼稚園ZOO!」 親子WS「ジブンシンブンシブンシン」 >>