ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

コラム「子どもの熱情・大人の事情」

子どもの熱情・大人の事情

前回のコラムに嬉しいコメントをいただきました。
そこでお返事を書いて送信ボタンをクリックすると、

「文字数が多いので300字カットしてください。」

との画面。
「それじゃ半分以上もカットじゃないか!内容読んでから判断してよね。」
なんてPC相手にぼやきつつ(笑)
番外編で載せることにします。

まずはいただきましたコメントから。

“なんか自分のペット飼いたい”と言いつづける当時3年生の娘。と 大人の考え得る最もなことを並べて何とかその気持ちを阻止しようとする母。 
ある時 急に娘が「ねえママァ もしもイベリコ豚を飼ったらさぁ」
「はぁぁ???」(イベリコ豚はドングリしか食べないスペインの高級豚肉として今や有名ですが…)
「うちにはドングリの木があるからエサ代はタダだよ。」 
「何でイベリコ豚のこと知ってんの?」
「だってママが前そう言ってた。あたし自分の大好きなことは一回聞いただけで全部忘れない!」 
そんな話を娘にしたことなどすっかり忘れていました。彼女が得た知識と純粋な気持ちから出た言葉でした。これには完敗しました。そう、妙に納得してしまうでしょ?
無論、イベリコ豚を飼うことは ありませんでしたが、その話の数ヵ月後 彼女の最愛の友だちとなる子犬をプレゼントしました。
子どもの感覚ってホント型破りで 純粋で 大人が はっと 気付かされる事が多々あります。そして自分も子どもの頃はそんな風に思ってたかもしれないって タイムスリップすることもあります。――と、ヒデさんのWSコラムを見てフッと我に返り思い出しました。ひき続き応援してます!!



このような面白いエピソードをご紹介いただきました。
ということでお返事です。

***
コメントありがとうございます。
娘さんもすごいけど、ハッと気づいたとき、素直に認められるお母さんも素敵だと思います。

そういう場面ってありますよね。
子どもの熱情VS大人の事情。
一見大人のほうが知識も経験も多い分、その判断・見解は正しいように思えるけど、実はなんとなくやりすごしてるだけだったりして。
それに対して、子どもの主張は「魂」というか思いのこもった本気です。
そして子どもにも子どもなりの筋があるから、こちらも本気でいかないと負ける。

僕もお母さんのように素直が一番だと思います。
その筋が通るなら素直に認めればいいし、
その筋が通らないなら、なぜ通らないか、こちらの筋を通す。
思いと思いのやりとり。筋と筋のやりとり。
これがコミュニケーションですよね。

もしこんなとき、親や先生が
「うるさい!だめなものはだめなの!」
と強制終了し、コミュニケーションを放棄するようなやりとりが続いていくならば、
子どももだんだんと自分で判断することをやめていくように思います。
「どうせ真面目に考えても、真面目に聞いてくれないし。だったら言うこと聞いてたほうが楽じゃん。」
って。

いつもハテナと好奇心で
自分なりに世界を理解しようといている子どもたち。
そんな子どもにまちがっても
「自分で考えることに意味がない。」
なんて思わせない、そんな気持ちを味あわせない大人でいたいと思います。

あたし自分の大好きなことは一回聞いただけで全部忘れない!

僕もこのことを忘れないようにしよう。
素敵なコメントをありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします!
[PR]
by doughnut-official | 2010-05-14 18:10 | コラム・エッセイ
<< コラム「子どもの力を信じること」 コラム「子どものものさし」 >>