ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「子どもたちの想像力と建築家の実現力の出会い」

f0148974_10040598.jpg
今日は、僕自身のワークショップではありませんが、こども環境デザイン研究所が主催していた「建築家とつくる夢の家づくりワークショップが終了しましたので、リポートです。
 
打ち合わせの段階から、今回の講師である桐山さんとは、桐山さんの仕事をする普段のままの雰囲気や、進め方でいきましょう。と、話をしていました。 
相手が子どもだからとか、子どもの企画だからとか、そういうのはなしでいきましょうと。
もちろん。そのつもりです。と桐山さん。
 
そうして迎えた本番。
とっても面白かったです。
 
その中から一つだけ紹介すると、子どもと桐山さんのやりとり。
これが何ともいいものでした。
 
例えば、窓を一つつけるにしても、
「この窓は何でつけたの?」」
 
と、桐山さんは子どもに問います。そして、
 
「窓があるってことは、ここから明かりが入るわけでしょ。この部屋で何したいの?」
 
とさらに問います。
 
質問を受けて、
「これはね、、」とすぐに答える子もいれば、改めて考える子もいました。
 
例えば、こどもたちが作っている建物を
「ちょっといい?」
といって触り、少し揺らします。
するとガタつく家。
 
それで一言
「もっと強度がないと住めないかもね。そういうところも考えてみようか。」
子どもに投げたら、その子からは離れていきます。
 
こうしたやりとりを、3時間ひたすらに続けていらっしゃいました。
 
また良いのが、それに対するこどもたちの反応です。
 
桐山さんのストレートな投げかけに一瞬は戸惑いながらも、
その次の瞬間には、考え、作っていきます。
 
さらに作ることと投げかけは続きます。
 
「失敗したっていいんだよ。作ってみないとわからないことがあるから。」
 
「建築を実現するには、周りの人にもわかってもらはないと建てられないんだ。だから言葉も大切だよ。」
 
桐山さんはこういう話を、こどもたちが作っている様子に合わせてその都度、みんなに伝えていきました。

こうしたやりとりの清々しさは、おそらく、
桐山さんの言葉が
「子どものため」
とか
「君のため」
とかじゃなくて、
「家をつくる」
ために発せられる言葉だから。
そして、その言葉は決して答えではないことがわかるから。
 
だから、皆、もう一度自分のなかで考え直していくのでしょう。
 
刺激的で面白いワークショップでした。
 
今回の出会いをきっかけに子どもたちの中で、ほんの少し、それも無意識のところで、建物についてのアンテナが高まることにつながっていたら、
それは、きっと将来そういう感度の大人が増えることにつながっていて、
やがては、この街がさらに魅力的な街になることに、つながっているのだと思っています。
 
これからも、自分たちがワークショップを行うだけでなく、こうした企画を通してこどもたちと、魅力的な大人たちが出会う機会を作っていければと思います。

講師を引き受けてくれた桐山さん、そして参加してくれた皆さん、助成してくれた子ども夢基金、ありがとうございました!

[PR]
by doughnut-official | 2017-03-13 10:05 | Comments(0)

「6歳との企画会議」

f0148974_07440958.jpg

コトリエ幼児クラスからのリポートです。

みなコトリエに着くなり、それぞれの工作を始めたので、
それならばと、僕も先日報告した雑誌の造形ページのアイデアを、子どもたちの中に混ざって、ノートを広げて考えていました。

すると、自分の工作にひと段落したりーちゃんが興味をもって聞いてきました。

「なにしてるの?」

「いま、水を使った工作のアイデアを考えててさ。どんなの作ったら楽しいか考えてたんだよ。」

「どれどれ?」

えんぴつをとり、僕のノートに向かうりーちゃん。

アイデアを考え、ノートに書き、そのアイデアをやったらどうなるかを二人で話してイメージを膨らまセル。さらに考え、また書き、話して、考える。それだけで気づけば30分。
もはや、ただの企画会議です。

そこから、残りのわずかな時間で、りーちゃんは一気に会議の内容をふまえた試作を完成させました。
そんなりーちゃんの反応も後押しをして、検討中だった実際の内容も確定したのでした。

コトリエに、先生はいません。
集まっているのはみんな、「作ることが好きな人」です。
だからこそ、ここに生まれる、正解や優劣のない空気、
一人一人が対等なムードを、これからも大切にしていければと思います。

りーちゃんとの会議、そして試作品が最終的にどんな形になったかは誌面をお楽しみに。





[PR]
by doughnut-official | 2017-03-08 07:45 | コラム・エッセイ | Comments(0)

「場所や形にはこだわらず、大切なことの芯は変えず。」

f0148974_17465720.jpg
東京は品川で行なわれました三井不動産レジデンシャルLOOPフェスタにて、こどもワークショップブースを担当させていただきしました。
 
今回は親子100名と一緒に、未来の車を作って遊びました。
一年ぶり、2回目の企画だったのですが、前回も参加された親子さんから、「前回の作品もまだ玄関に飾っていますよ♪」
と嬉しい感想をいただいたり、他にも覚えてくださっている参加者さんが多くいらっしゃって、嬉しい再会の場となりました。
また、参加者の中には工作だけでなく、お母さんからの子育ての相談もあり、色々お話させていただきました。
 
こんな風にほんのすこしのきっかけですが、子どもたちに遊びのタネを、お母さん・お父さんには、学びのタネを、色々な形でお届けできたら嬉しい限りです。
 
参加された皆さん、三井不動産レジデンシャルの皆さん、フロンティアの皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by doughnut-official | 2017-03-03 17:47 | イベントなどのWS | Comments(0)