ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「今という瞬間を放棄するわけがない。」

f0148974_18332161.jpg
子ども達と造形活動をしていると、
中には一見、手を動かしてないからという理由で、
「何もしていない」
「わかっていない」
というように見られてしまうということもあるようです。

そして、そんな子を前にすると、
周りが活動しているから余計に目立ちやすいというのもあいまって、

こちらが何かはたらきかけなきゃって、
不安になる親や保育者も少なくないように思います。

でも、僕はそういう場面、
のんびりと、楽しみに、待っていればいいのではと思っています。

だって、
子ども達が、何もやっていないわけがないですから。

何を描こうか(作ろうか)じっくりと考えていたり、

少し慎重に周りの様子を伺っていたり、

今日はあんまり気がのらないなぁ。
だって他に気になる事があるんだもの。
今は表現どころじゃないのよ。
なんて言葉にはしないけど、思いふけっていたり、

手は動かしていなくとも、自分の今をやっている。

ですから、表面的には同じように見えても、
その実、子ども一人ひとりの全然違う姿があるように思います。

もちろんその姿の中には、大人の直接的なサポ―トがあることで、
いっそうイキイキ活動する子もいますが。
それだけじゃなくて、色々な姿があるだろうということで、

直接大人が関わる以外にも、
色々な距離感、コミュニケーションがあると思っています。

***

今日もそうでした。
今日は、埼玉県は草加市内の保育園にてワークショップ。
f0148974_18493736.jpg

色紙を切っては色々な形に見立て、料理を作って遊んでいたのですが、

一人の女の子は、真剣な面持ちで、何かを考えているようでした。

なので、僕と担任は、「今日は少し距離をとってのんびり見てみようよ。」
と言いあって、見守っていました。

するとしばらくして、
他の子ども達が自分の作った料理で遊びだし、
自分の周りに他の子も少なった頃、
スッと作りはじめたのでした。

f0148974_18342549.jpg


結局、彼女はお昼ご飯のギリギリまで一人で作っていました。

f0148974_18484654.jpg


そんな彼女の最初の姿も、

もしかしたら、他の子がいる中で自分が表現をすることにどこか不安を感じて、
安心するまでの準備をしていたのかもしれないし、

あるいは、はじめは他のことを考えていたけど、
周りの友達が楽しそうに遊んでいる姿を見て、やっぱりやろうと思ったのかもしれないし、

あるいは、ただただ、じっくり考えていただけかもしれないし、

はたまた、もっと単純に、
私は一人でゆっくり作りたいのよ。と思っていただけかもしれないし、

まだまだ想像される理由はたくさんあって、

その本心は、彼女にしかわからないことですが、

彼女は自分で、今という瞬間の自分の過ごし方を決めて、その連続をめいっぱい満喫していたように思います。


帰り際、これまたみんなが僕から離れていった後、手をギュッと、挨拶をしにきてくれました。

*****

子ども達の様子を、
パッと見の表面的な行動で判断することなく、
もっと丁寧に想像していきたい
(もちろんその想像が、その子の真意とあっているかはわかりませんが)
と思うと同時に、
それ以前に、

子どもたちが、
好奇心のかたまりのような人たちが、
何もやっていないわけがない。

言い換えると、

「今」を放棄するわけがない。

そんな風に子ども自身の力を信じるところから、
子ども達の姿を捉えていきたいと思っています。
[PR]
by doughnut-official | 2015-02-25 18:52 | コラム・エッセイ | Comments(0)

「つまらない」という言葉と本音

f0148974_043281.jpg
遊びや表現活動の中で、

「つまらない」
「つまんなそう。」

などと子どもが言う場面も、思慮深く見てみたい場面の一つだと思っています。

「つまらない」

言葉に威力があるので、
大人も引っ張られそうにもなるかもしれませんが、
そこは少しふんばって、冷静に様子をみてみる。

すると、
子ども達が言う
「つまらない」の言葉の裏には、
大人の使い方以上に、いくつもの理由があるように思えます。

****

もちろん、まず一つ目としてあるのは、
そもそも自分の趣味に合わないから「つまらない」
という意味で使う時。

これは、本人の趣味ではないということですから、それ以上強制されるものでもないし、人それぞれということで、いいのでしょう。

ただ、注意深く関わりたいのは、
「つまらない」と言った理由がそれ以外かもしれない時。

それ以外というのは、

例えば、その遊びや活動の説明・方法などがわからない時

例えば、もう少しイメージが具体化されたら「面白そう!」「やってみたい!」と思える種をもっているのだけど、まだそこまでイメージがわかず、ワクワクしていない時

例えば、本当はやってみたいのだけど、周りが気になったり、自分のアイデアやアクションにどこか不安がある時

などなど、

きっと子どもの数だけ、本心は色々な理由があるのだけど、
言葉としては

「つまらない」

となる。
だから、近くにいる親や、保育者や、教員が、その言葉を言葉通りにとると、
真意を見逃したり、関わりもズレたりして、その子自身もますます不完全燃焼というサイクルがあったりします。

言葉は

「つまらない」

なのだけど、

それは時に、
本人の意思や趣味の主張ではなく、遠回しのサインで、

まだまだ本人にとって、面白くなる可能性に溢れている

という可能性にも、アンテナをはっていたいものだと思います☆


p.s.
少し質は違いますが、
「初心者のうちはつまらない。」
というものもありますよね。
ルールや型を覚えなきゃいけなかったり、感覚に慣れなきゃいけなかったりすると、最初はあんまり面白さを感じられない。

それで、本当に自分には合わないということもあるけれど、
感覚さえつかんだら一気に面白くなるものもある。

「つまらない」

というのは、子ども達が使う場面だけじゃなく、
自分自身にとっても
丁寧に注目したい感覚ですね(^^)

(写真は先日行った熊谷西小学校2年生とのワークショップです。こちらの報告はまた今度♪)
f0148974_092341.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2015-02-17 23:42 | コラム・エッセイ | Comments(0)

「小さな子ども達は、集中力がないのではなく、自分で判断して、集中を切っただけ。」

f0148974_20541217.jpg
「集中力がない。」

小さな子ども達は、よく言われがちです。

でも、僕は、これも大きな誤解ではないかと思っています。

****

例えば、クラス20人で絵を描いて遊んでいて、

一人、それをやめた子がいます。

すると

「あの子は、集中力がないから。」

と見られがち。

なぜそう思うのでしょうね。

ただ、やめただけなのに。

自分はここで終わりにすると、判断しただけなのに。

自分の遊びや活動に、自分で終わる判断をするって、すごい力です。

****

この違和感、大人で考えるとわかりやすいと思います。

例えば、友人が音楽をすすめてくれてアルバムをかしてくれた。

聴いてみると、自分にはあんまり好みじゃない。

それでも聴きつづけますか。

せっかく紹介してくれたしとか、

聴いている内に良くなるかもしれないとか、

そういう自分なりの理由や興味を見つけて、聴く人もいるでしょうが、

途中で終わりにする人も多いんじゃないでしょうか。

じゃあそれは、集中力がないから?

違いますよね。

自分でやめると判断しただけのことです。

****

こんな当たり前のことが、子どもだとそうはいかない。

ついつい他の子どもの反応と比べられて、

他のこと同じくらいの時間やらないあの子は、

「集中力がない」

と全然本質の違う見方をされてしまう。

やめたことと、集中力の有無は全然関係ないのに。

***

じゃあなぜそう見られやすいのか。

それはきっと多くの大人が、

深く無意識レベルくらいにまですりこまれている

「子どもは未熟な存在」

という先入観があるからなのかもしれません。

たしかに未熟な部分、支えが必要な部分はもちろんあるのでしょうが、
でも子どもの全てが未熟なわけではないと思います。

僕はこれまで何万人という子ども達に出会わせてもらったのですが、

出会った限りでは、

集中力のない子どもって、見たことありません。

(色々な状況があって、気持ちが落ち着かず、集中どころではないという様子は見たことはもちろんあります。でも、これは集中力をもっていないこととは違います。)

*****

今日もそうでした。

今日は、保育園にて、4歳クラスの子ども達と折り紙や画用紙を使いお菓子をつくって遊んだのですが、ワークショップをはじめる前の打合せで、先生は言ったんです。

「集中がもたない子も中にはいると思いますが、」

おそらく講師である僕への心使いでもあったのかもしれませんが、
僕は返しました、

「集中力はきっと、みんな持ってます。
楽しければやる、つまらなくなったらやらない。それだけです。
なので、子どもたちと一緒に楽しいをどんどん広げていけたらいいですね。」

と。

実際はどうだったか、

30人全員が、2時間たっぷり、夢中になって遊んでいました。

これは、僕のワークショップに全員が参加したから、
僕のワークショップはすごいんでしょなんてことが言いたいのではありません。

全員が二時間、自分の「面白い」を見つけ続けて、時間を過ごしていたということです。


好きなお菓子を、思い思いの味付けで、つくることからはじまって。

お菓子ができたら、食べるごっこ遊びをする。

すると誰かが店員さんになる。

すると、また違う誰かがお金を作る。

買う人、売る人になって、

今度は違う誰かが看板を作る。

品物を管理するパソコンを作る人もいる。

どんどんお金を作って、みんなに配る人。

お金をしまう財布を作る人。

お店の飾りを作る人がいて、

お客さんに商品以外のお土産をつくる人がいて、

お店用の電話と電話番号を作る人もいる

これらは、全部子ども達がそれぞれに考えて、
作って、

なりきって、

遊びながら、

考えながら、

作りながら

集中していた姿です。

僕が今日提案したのは、
「お菓子を作って遊ぼうぜ。」
だけ

すごいなぁと思います。

***

子ども達は

興味・関心・好奇心の出会いがあって、

考える時間があって、

それらをベースに遊びを通して、

気づいたり、意味づけたりできる仲間があれば、

めちゃくちゃ集中力を発揮するのだと思います。

集中力がないんじゃなくて、

持っている集中力を存分に発揮できる環境があるかないかがポイント。

今日の遊びを終わりにした理由は

「お腹がすいた。」

集中力の切れた、最高の理由だと思います。

***

前回の赤ちゃんの話もそうですが、

子どもは未熟で、力のない存在

という先入観を一回置いてみないと、見えてこない

子どもの力、

子どもの魅力が

まだまだたくさんあるように思います。

たくさん見つけていきたいですね(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2015-02-13 20:39 | コラム・エッセイ | Comments(0)

「赤ちゃんは歩けないのではなく、たぶん、歩かない。」

f0148974_19315079.jpg

生まれてきたばかりの赤ちゃんを、
「歩けない」
と考えている人はどれくらいいるでしょうか。

赤ちゃんはよくいわれます。

はいはいをするようになると、
はいはいが「できるようになった。」

歩くようになると、
歩くのが「できるようになった。」

と。

しかし、赤ちゃんは本当に「歩けない」のでしょうか。

赤ちゃんをよ~く見ていると、僕は少しちがうのではいかと思います。

赤ちゃんはきっと、

歩けないのではなく、

歩かないのだと思います。


誰でも一度は見たことあるでしょう。

赤ちゃんの眼差しを。

お母さんに抱かれているときも、

ベッドに横になっているときも、

目線は右に、左に、
上に、下に、

時にじっととどまり、
また別の何かへ移す

あの真剣な目。

一生懸命に世界を捉えようとしているように思えます。

赤ちゃん自身、
「そうそう!私は、私なりに初めて見る世界を理解しようとしているんだ!」
なんて答えてくれるわけではありませんが。

その一つの証ではないかと思えるのが、

人見知り。

だいたい六か月頃にはじまるといわれる人見知りは、

赤ちゃんにとって「特別な人」ができたときに、はじまるのだそうです。


この世界に生まれて、

約六か月という時間をかけて、

自分の特別な人ができたからこそ、

それ以外の人には緊張するようになる。

これって、赤ちゃんがいかに冷静に、
自分の周囲の世界を捉えようとしているかを表している気がしませんか。


歩かない話にもどります。

少し、考えてみてください。

もし赤ちゃんが生まれた瞬間から歩けたら、どうなのでしょう。

知識も経験もなく、
全く未知の世界にいきなり放りだされ、
かつ、膨大な情報が一気にとびこんできたら、
その情報量の多さに、整理や理解が追い付かず、パンクしてしまうんじゃないかと思います。

(余談ですが、これに似ているのが今のネットの情報との付き合い方だと思います。
ネットで情報を取り入れることはたしかに便利です。しかし、ネット上にある情報は、おそらく一人の人間が取り入れて、整理できるキャパは明らかにうわまわっている。そのキャパを見失い、取り入れられると思い込んだら、疲れてしまうでしょう。)

だからまず、
赤ちゃんは、自分が横になって、見える範囲、聞こえる範囲、触れる範囲で、世界を捉えようとする。

自分の目の前にはどんな景色があって
自分の近くには誰がいて、
誰が自分と快い時間を過ごしてくれたり、
自分の不快をとりのぞいてくれたり、

そんなことを捉えて、自分が生きる上で一番重要な情報を整理する。

そうして整理ができたときに、
はじめて体勢をかえ、少し新しい世界を見る。

自分の周りにはどんなモノがあって、
どんなことがおきているのか

そんな情報が集まり整理できると、

今度は起き上がり、さらに少し範囲を広げて新しい世界を見る。

また整理ができたら、今度は、はいはい。

また整理ができたら、今度は歩く。

これって、とても合理的な流れだと思います。

******

赤ちゃんは、生まれながらにして

自分の力や、
自分のペースや
自分のキャパや

そういうのを自分なりに
というよりも、
生命として本質的にわかっているから、

一つ一つ、

丁寧に、

自分の生まれた、この世界を捉えようとする。

だから、

赤ちゃんは歩けないんじゃなくて、

歩かない。

***

赤ちゃんだけでなく、
子どもの成長は
なにかにつけて、

「できる」
「できない」

という見方で見られがちです。

でも、おそらく、
子どもって、
命って、
もっと賢い。

その子が快く生きていくことにとって、
それがアリか、ナシか

大人が考える
「できる」「できない」
よりももっと、深いところで
「やる」か「やらない」かの判断をしているのだと思います。

****

赤ちゃんって、けっこうわかってると思います。

小さくて、
未熟で、
まだ何もわかっていない存在

なんていう先入観で、

その熱い視線に気づかず、

スマホでSNSやゲームとにらめっこしてたら、

雑な保育をしてたら、

もったいないです。
[PR]
by doughnut-official | 2015-02-11 19:32 | コラム・エッセイ | Comments(0)

「遊びや表現において『わからない』はいつ生まれるのか」

f0148974_22171736.jpg
2歳の子ども達とワークショップをしている時に、
例えば、クレヨンやはさみに初めて出会った子は、

「わからない。」

とはいいません。
基本的に、目の前のことを探求することからはじめるからです。

わからないではなく、
「これはなんだろう?」
と考え、
遊んでいるようにも見えるかもしれないけど、
かなり真剣に考え、
触ったり、
動かしたり、
時には匂いをかいだり、
口にいれてみたりもしながら、
そのモノを理解しようと、
学びの時間を過ごす。

これが、子どもにとってのモノ・コトとの基本的な出会い方なのではないかと思います。

しかし、そんな子どもの中で、
いつのまにか
「わからない」
という言葉を使うようになる子達がいます。

それも、勉強的なものに対して「わからない」というのではなく。

遊びや、表現することに対して

「わからない。」

というのです。

それはなぜか。

子ども達はそれを自分では語りませんが、
僕が出会わせてもらった子ども達を見る限りでは、

それは、
その子の中に、「正解」という概念ができたから、

というよりも、
作られてしまったから

なのではないかと思います。

本来、
遊びに正解はありません。
表現に正解はありません。

にも関わらず、
「わからない」という。

それは、
近くにいる大人が、

「これは、こうするのよ。」
とか、
「ここは、もっとこうやるといいよ。」
とか、

表向き「教える」という形で、
「正解」を作り、
子どもの「間違い」を作った時に生まれるのだと思います。

しなかっただけの子が、
できなかった子になり、

「自分は違っている。」
という認識をもたされる。

そして、そんなやりとりばかりを繰り返していったら、
やっぱり間違えるのはイヤだから、
自分から動くことをやめて、

「わからない」

という。
これは自然なことだと思います。

それが一番楽だし、
なにより自分を守れます。

遊びや表現活動の中で子ども達が言う
「わからない」
の背景には、こんな流れがあるのではないかと思います。

****

なので、
「わからない。」
という子に出会ったら、
僕はまず
「安心を作ろう。」
と、親やクラスの担任とも話をするようにしています。

安心をつくる。

つまり
「間違ってもいいじゃん。」
ということや、
「そもそも間違いなんてないじゃん。」
という雰囲気を作ること。

それをどう作るのかっていうと、
言葉でストレートに伝えるときもありますが、
だいたいは、
穏やかに、ニッコリと笑って、ただそこにいれば、
けっこう解決してしまうように思います。

もちろん具体的な方法も色々ありますが、
まずは笑うこと。

明日も子ども達と笑顔溢れる一日になりますように(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2015-02-09 22:18 | コラム・エッセイ | Comments(0)

「自由という言葉に隠れている不自由」

f0148974_19112893.jpg
子どもの自由に
子どものやりたいように
子どもの気持ちに寄り添って
etc

子どもの感性や、
子ども自らが育つ力・学ぶ力を信じる
という意味で、
僕自身の子ども達との関わり、保育観、教育観の基本姿勢は、
こういう考えをもっているのですが、

しかし、それでも
「自由に」
「やりたいように」
というのは、丁寧に扱わなればいけない感覚とも考えています。

色々な子ども達の遊びや生活を見ていると思います。

子どもの意思に寄り添う。
子どものやりたいようにする。

たしかに、それが理想ではあるけれど、
そういう大人の関わりが本当に子どもにとってプラスにはたらくかどうかは、
それぞれの環境、状況によって変わってくるのでしょう。

極端な例で考えてみると、
例えばある一人の子の、
人生の中で出会ってきた遊び体験の唯一が、

TVゲーム

だったとします。
面白いことをTVゲームしか知らないということです。

そうなると、
そもそも他の選択肢を持っていないのだから、

「自由に遊んでいい。」

といわれても、TVゲームしかでてこないのは当然です。

これは、この子の自由を守ることといえるのでしょうか。


様々な出会いがあり、
経験があり、
その上で、自分の好きや嫌い、趣味趣向が一つずつ増えていき、
価値観が作られ、
だからこそ、
自由も生まれるのではないかと、僕は思います。

100種類の「面白い」を経験した子が
その上で、「自由」にTVゲームを選ぶのと、

TVゲームの面白さしか知らない子が
「自由」として、TVゲームをやるのは、全然意味が違う。

後者は一見自由のようでいて、
実は不自由な中にいるのではないかと思います。

(もちろん中には、TVゲームに出会えただけで、将来が決まった
なんていうのもあるのかもしれないけれど。それは本当に稀なことで。)

子ども達の自由は、

たくさんの出会い

あってこそなのでしょう。

人との出会い。
モノとの出会い。
コトとの出会い。

そうした様々な出会いの環境をつくるのは、もちろん大人。

(かつては、大人がわざわざ環境をつくらないことが(無自覚)、結果的に子どもは自らの環境を得るということになっていたのでしょうが、人気ゲームやアニメなど市場ベースの環境をすでに大人が作っている今では、どうしても偏っているので。バランスを整えるという意味でも大人の役割はあるのではないかと思います。)

そのことを、教育、保育とよぶのだと思います。

良き出会いがありますように。

僕も、楽しい出会いの一つとなれるよう、がんばります。
[PR]
by doughnut-official | 2015-02-05 19:12 | Comments(2)