ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「子どもの、というよりも人間の、学ぶ力・育つ力はそんなに未熟じゃない」

大みそか。
いかがお過ごしでしょうか。
僕はこの一年を振り返りながら、たくさんの出会いへの感謝しつつ、新年へのワクワクを膨らませつつ、ゆっくりと過ごしています。

さて、2014年駆け込みで、12月の報告の続きです。

ホームタウンは越谷市でお仕事をいただく機会も増えてきまして、今月は親子講座も三回やらせてもらいました。
f0148974_235111.jpg
f0148974_2351488.jpg

今年は講師or監修という形で、市内だけで30回を超えるほど、子育てサロンに関わらせてもらい、回を重ねるほど、できていく人のつながりや、毎回ごとに見せてもらえる小さな成長のドラマがたくさんでした。ありがとうございました。

***

つづいてはお隣、草加市の保育園さんにて造形遊びのワークショップ。
こちらでは、おえかきごっこ遊びをしました。
f0148974_1613262.jpg
f0148974_16134851.jpg
f0148974_16135660.jpg
f0148974_161433.jpg
ある男の子は自転車を描きながら、
「あ、駐車場(駐輪場)も作らなきゃ」
「屋根がないと濡れちゃうな。」
と独り言を言いながら、どんどんイメージを膨らませていきます。

このシーンだけでも、子どもがいかに、自分の体験や経験をもとにして、どれだけ鮮明に想像を働かせているかが伝わってきますよね。

こちらの園とのきっかけは、なんと学生時代の地域ボランティアでの出会い。
それ以降、僕の仕事を応援していてくださっていたのですが、その人が園の主任になったことで、ワークショップが実現しました。
おかげさまで子ども達からもご好評をいただき、来年は通年でワークショップ&保育士の研修をさせていただくことになりました。
ありがとうございます♪

***
f0148974_16165313.jpg
つづいては、こちらも恒例となりました、
文教大学は青山先生の授業です。今年は「こども若者支援論」にて、講演をさせてもらいました。学生のツイッターと連動しながら行う青山先生とのセッションはいつもの講座とは一味違う刺激的な時間でした。
学生時代は面白い、そして卒業した後はさらにもっともっと面白い。そんなメッセージを伝えさせてもらいました。青山先生ありがとうございました!
f0148974_16174141.jpg
***
さらに、僕自身、毎月のお楽しみでもあります、ララガーデン川口さんでのワークショップ。
f0148974_1618107.jpg
f0148974_16182319.jpg
f0148974_16183222.jpg
おかげさまで評判がひろまり、来年は新たにララガーデンつくばさんでも開催が予定されています。こちらも詳細決まりましたらお知らせしますので楽しみにしていてくださいね。

***

つくばといえば、こちら、たねまきさん主催の工作室にも呼んでいただきました。
小学1年生から中学生までが幅広い参加者の集まるここのWSでは、
今回、中学生のお兄さんが家で作ってきた手作りの弓が他の参加者の憧れとなっていました。
f0148974_1621287.jpg
f0148974_16214227.jpg
f0148974_16215220.jpg
そして、それをきっかけに、彼が他の子ども達の中でのちょっとした先生になっていました。
「やってみたい」を共有した子ども達は、自然と教え、教わる関係を作るのでしょう。

***

最後は、きぬ川幼稚園にて、みんなの遊園地を作って遊んできました。
f0148974_16223561.jpg
この遊園地は、自分達の大好きな遊びやモノやヒトや何でも集まるとっておきの場所です。
作っている中では、楽しいアトラクションやお店が生まれただけでなく、
子ども達の幅広い視点に改めて、驚かせてもらいました。

というのも、僕からの子ども達への提案は「好きなものを集めた、遊園地を作ろう!」でした。それに対して子ども達の作品から見られた視点は、

例えば、お花と置き物。
遊べるものを作るだけじゃなくて、「素敵でキレイなのがいいな」と、景観に想像を広げていました。

例えば、音楽。
「楽しい音楽もいるね!」楽器を作って、遊園地の各所に設置していました。これは演出への視点ですね。

例えば、ルール。
ロープウェイを作った子は、待つ時間(乗車時間)などを考慮し、それに乗れるかどうかはくじ引きで決まるというゲームルールも盛り込んでいました。

例えば、シャッター。
閉園後、「お客さんがまちがえて入っちゃうといけないから」といって、シャッターを作っている子もいました。その後は、頃合いを見ながら、「オープンです!」「準備中でーす!」と開けたり、締めたりして、管理役をしていました。
f0148974_1623168.jpg
f0148974_16231110.jpg
f0148974_16232048.jpg

きぬ川幼稚園のみなさん、ありがとうございました(^^)
f0148974_16235320.jpg
*****

保育園でのリポートもそうですが、
こんな風に、子ども達が遊びの中で見せてくれる、想像は本当に面白いです。

子どもというのは、大人と比べると経験は少ないですが、
経験が少ない時期ということは、言い換えれば、
本当に大切なことしか吸収していない時期ということなのかもしれません。

だからこそ、作品にあらわれる、子ども達なりのアイデアは、理屈にはあっていなくても、どこか核心をついてることが多い。

そんな風に子ども達が、自ら考え、作りだし、解釈しようとする姿勢には、こちらも真摯に向きあうしかいですし、それがとても楽しい。
今年も一年、たっぷり楽しい時間を過ごさせてもらいました。

現場の雰囲気を見てみると、まだまだ
「子どもは、大人が教えなければ未熟だ」
「子どもは、大人が育てなければ育たない」
というような、教育観・保育観がしみ込んでいる部分は少なくはありません。

しかし2014年のしめくくり、僕はあらためて、

子どもの、というよりも人間の、学ぶ力・育つ力は、そんなに未熟じゃないぞ。

と思います。
たしかに物事には、
教わらなければわからないことも、
育ててもらわなければ、育たないこともあります。

でもその理由は、「子どもだから」ということではないでしょう。
大人でも子どもでも関係なく、教わることは教わることです。

様々な学びを、何でもかんでも「子どもだから」ということからはじめては違うと思います。

2015年、子ども自らが、自分で考えて遊び・学ぶ時間や環境がもっともっと広がっていきますように。
僕も、思いっきり楽しみながら、がんばります。

ブログを読んでくれている皆さん、WSや研修で出会った皆さん、保育雑誌などのページで出会えた皆さん、今年も一年ありがとうございました。

良いお年をお迎えください(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2014-12-31 16:28 | 幼稚園・保育園などのWS | Comments(0)

「わが子を信じるを具体的にすると」

2014年もあと一日ですね。
少し更新が滞ってしまいましたが、12月の報告を今回もまとめて紹介したいと思います。

f0148974_185670.jpg
まずは、アップル保育園さんにて。
今年は毎年のワークショップに加えて、保護者に向けた講演もさせてもらいました。
テーマは「信じる」ことについて。

「わが子を信じる」とは、親であれば、きっと誰もが思うことなのでしょうが、思いばかりでどこかつかみどころがないことのようにも思えます。

なので、その「信じる」を、具体的な行動として実際に考えてみると、色々見えてくるのではと、お話しさせてもらいました。

わが子を信じる。

これはたぶん、わが子が親から見て、うまくいってる時はみんなやっているんだと思います。ポイントなのは、わが子がうまくいってなさそうに見えた時。
(もちろん、本当はうまくいっている・いないという発想自体が大人の都合なのですが、しいていえばです。)

例えば、
うちの子はテストの点数がよくない。
うちの子は他の子ができている跳び箱が飛べない。
学校で落ち着きがないといわれた。
学校に行きたくないといった。

などなど。
そんな一見マイナス風に見える状況(繰り返しになりますが、ほんとはマイナスでもなんでもないと思います。僕はそうでした。)の時、わが子を前にして、親はどんな態度をとるのか。
それがポイントではないかと。お話させてもらいました。
今回も、僕自身が子育てをしているわけではないので、僕が育ててもらった話です。


ワークショップでは、紙袋と想像力を使って、どこまでも遊び尽くす子ども達の姿に、保育士・保護者ともにあらためて子ども達の魅力を再確認したと感想を聞かせてくれました。
f0148974_194669.jpg
f0148974_195433.jpg
f0148974_110243.jpg

参加してくれた皆さん、ありがとうございました♪
f0148974_1101077.jpg

*****

つづいては、宇都宮大学にてお天道さまいろは組主催の大型セミナーの模様です。
京都大学の田中真介先生、
つながり遊び研究所のまっちゃん、
発達心理士の小林英二先生、
助産師の相田みちこ先生

バラエティに富む素敵なメンバーに囲まれて、講座をさせてもらいました。
f0148974_111437.jpg
f0148974_1111317.jpg
f0148974_1112285.jpg
f0148974_1113492.jpg
昨年から呼んでいただいているこちらの大型研修会の魅力は、各先生の講座が面白いのはもちろんのことですが、なんといっても、主催する有志の保育士チーム、それを支える応援団、そして講師陣の皆さん、そろって、とても温かいということだと思います。

どういうことかというと、
100人を超える受講者がいる研修会で、運営するのはプロの企画屋さんではなく、有志の保育士さんたち手作りなわけですから、時には多少のアクシデントも起きるものでしょう。スタッフさんに後で聞いたところ、けっこう大きなアクシデントもあったそうです。
しかし、それがこの会では、一つも失敗にはならない。
なぜか。

運営スタッフと応援団が笑って動くから。
受講者が笑って動くから。
講師が笑って動くから。

みんなが笑って動いて、少しずつ寄り添い合うから、失敗にならない。

実はこの姿勢こそが、この研修の根幹であり、
僕たちが大切だと考える保育環境の充実につながっているように思いました。
目の前の子どもがどんな姿を見せても、どーんとかまえて、信じてみる。笑ってみる。
そうしたら、きっと子ども達はのびのび育っていくのではないかと。

このような素敵な場に一緒に立たせていただけることに、感謝でいっぱいです。
f0148974_11265.jpg
初体験!サインをさせてもらいました。
f0148974_1144394.jpg
運営メンバーと講師陣
f0148974_1145171.jpg

お天道様いろは組の皆さん、応援団こころねの大人・子どもの皆さん、参加してくれた皆さん、ありがとうございました(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2014-12-31 00:41 | 研修会・講演 | Comments(0)

「近況報告」

こんにちは!
きづけば、12月もあと半分!今回はすこしまとめて最近の様子を報告したいと思います。

まずは、栃木県保育士部会にて、研修会に呼んでいただきました。
f0148974_8175692.jpg
f0148974_81814100.jpg
f0148974_8182864.jpg
幼児期の子どもの育ちにおいて、
親や保育者が、とくに見えるものばかりにとらわれてしまいやすいことの一つが、表現活動だと思います。

造形表現でいうと、たとえば
はさみが上手に使える・筆で色を上手にぬれるといった技術のできる・できないや、
この子の作品はきれい・あの子の作品はうまいといった見栄えなど。
見えるものに、ついつい目がいってしまいがち。

しかし、大人が結果や完成ばかりにとらわれ、
子どもの活動を、必要性と結果で見はじめると、
本来の表現の面白さからはどんどん離れていくように思います。

はさみを上手に使えるようになるために、はさみを練習する。

こういうことが当たり前のように考えられていますが、
道具と人の関係の、本当の順序はそうじゃありません。

切るのが面白いから、
はたまた、切りたいものがあるからはさみを使うんです。

絵の具と筆もそう。
描くために使う。描きたいから使うのです。

道具が上手に使えるようになるために、練習のするために使うんじゃなく、
描きたいもの、作りたいものがあるから使うのです。

道具は目的ではなく、手段。

今回はそんなところから、話をさせてもらいました。

*****

そのあとは、昨年から呼んでもらっているフリースクールりんごの木さんへ。
合同学園祭にむけて看板づくりを行ったり、マイ看板を作ったり、思い思いに描いてもらいました。
f0148974_8193930.jpg
f0148974_8231912.jpg
*****

つづいて、陽だまり保育園さんにて、メイトさんから刊行中の食育雑誌「いただきます ごちそうさま」の撮影をおこなってきました。
詳細はまだ紹介できませんが、来年は一年通して、毎号造形遊びのページを担当させてもらっているので、お楽しみにしていてくださいね。
f0148974_8241680.jpg
f0148974_825023.jpg
f0148974_8251480.jpg
*****

つづいては足利にあります山川ふれあいセンターにて、保育園が主催のちょっと早めのクリスマスワークショップ。
身近にあるもので、クリスマス前のサンタの街を作りました。

エントツすりぬけ練習場、
ターボつきソリ、
遊び用ソリすべり台、etc
思い思いに、サンタの街ならではの建物や場所を考えて作って遊びました。
f0148974_8365177.jpg
f0148974_83776.jpg
f0148974_8375521.jpg
f0148974_8373169.jpg
f0148974_8381484.jpg
こちらのイベントでは、このワークショップのほかにも木の実を使ったリース作りや、オーナメント作りなど、かわいいプログラムもたくさんあったのですが、あるお母さんが息子さんに

「そろそろ、リース作りにいこうよー!」と誘うと、

「俺はいいや。ここで街を作ってるから、お母さんいっておいで。」

と男の子。
彼の一言がこの日のワークショップの雰囲気を物語っていました。

*****

最後は初進出!静岡県は六合第一保育園さんにて、親子のワークショップと講座をさせてもらいました。
のびのびと作る親子のみなさん。
真剣に遊び、学びあう保育士のみなさん。
思いを語る園長先生。
f0148974_8281257.jpg
f0148974_8285042.jpg
f0148974_8291978.jpg
f0148974_832957.jpg
また素晴らしい出会いと、そしてはじまりの予感にワクワクでした。

なぜ静岡からオファーがかかったのか伺ってみると、
こどもの本や教材の代理店さんからの口コミとのことで。
人のつながり本当にすごいですね。

*****

いろいろな人に出会い、色々な表現に出会い、
一人一人の考えや好みを知り、こちらの考えや思いも伝える。

ワークショップも、講座も、
それ自体がとても楽しいコミュニケーションの方法だなぁとあらためて、実感させてもらうこの頃です。

参加してくれた皆さん、呼んでくれた皆さん、つないでくれた皆さん、
ありがとうございました(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2014-12-13 08:33 | 幼稚園・保育園などのWS | Comments(0)

「作るのが上手いことよりも、作るのが好きな心が育ちますように」

今日は定期で呼んでもらっているつるた保育園さんからのリクエストです。

発表会の際、保護者にむけて、僕から造形活動の様子も伝えてもらいたいというリクエストをいただきましたので、ご挨拶&ご報告をかねて子ども達のワークショップの様子をすこしだけ紹介させてもらいました。
その内容をこちらでもリポートです。

***

「作るのが上手いことよりも、作るのが好きな心が育ちますように」

昨年からこちらの造形遊びを担当させてもらうことになり、早いもので今年度も残すところわずかとなりました。いつも子ども達と楽しい時間を過ごさせていただいき、ありがとうございます。
本日は発表会ということで、僕からも子ども達の造形活動の様子をすこしだけ紹介したいと思います。

とそのまえに、まずは、僕が、子ども達の造形活動の中で一番大切にしたいと考えていることをお伝えしますね。それは子ども達が自分で考え、自分で決めて、自分で作るということです。

造形は形が残る活動ですので、ついつい見栄えにとらわれてしまうかもしれませんが、
このワークショップでは、大人好みに教えたり、わかりやすく形を整えることではなく、子ども達のペースで、作ること・想像することの面白さを味わってもらいたいと思っています。

たとえ形には見えにくくても、少し見方をかえて、子ども達がどんなことを考えているかに焦点をあてていくと、目には見えない想像の世界、そして確実な子どもの力が溢れていることがわかります。
今回は先日のワークショップから二つ紹介させてもらいますね。
f0148974_22285923.jpg
f0148974_2229954.jpg
f0148974_22314928.jpg
豊かな想像
たとえば、A君は今回「わたしのおたすけロボ」というテーマで、お掃除ロボを作りました。
「このブラシ部分で床をはくんだよ」「この背中はゴミとおもちゃをわけて集めるんだよ」など色々な掃除を手伝ってくれるロボ。
これでも十分面白い掃除ロボですが、ここからさらにグッと深くなるA君の想像からは
「お掃除してると服も汚れるでしょ。だから服もそのまま洗ってくれる洗濯機もついてるんだよ。」
というアイデアが生まれました。

掃除をすると汚れる→それなら汚れたものも綺麗にできればもっといい。

作り遊ぶ中で、A君がどれだけ豊かに想像を膨らませているかが伝わってくるかと思います。
f0148974_22293196.jpg
f0148974_22294212.jpg
自分で決める
僕はいつも一つ何かしらのテーマを提案をしています。夢ののりものをつくろう、おたすけロボットをつくろうetc
すると、テーマにそって子ども達が展開していく遊びが面白いのはもちろんですが、一方でもう一つワクワクさせてもらうのが、テーマ以外のものを作る子ども達の姿です。

テーマ以外のものを作るということは、言いかえると、
色々な素材を前にして、自分の興味・関心を集約させて、頭の中で自分の経験とミックスさせて考えた時に、僕が提案したテーマよりも「私は今日は~を作りたい」とアイデアがひらめいたということです。
そして、それをアクションできるということです。

これもものすごくクリエイティブなことだと思います。
ですので、 もし「うちの子だけ違うものを作って、もう。」などと心配に思う人がいたら、それは心配ご無用です。
f0148974_2230170.jpg
f0148974_22301097.jpg
f0148974_22313350.jpg


造形は、親や先生が教えてくれるから作るのではありません。
親や先生がほめてくれるから作るのでもありません。

自分が作りたいから作る。
自分が作りたいものを作る。

表現活動なのです。
そんなものづくりの時間は、自分づくりの時間ともいえるかもしれません。

今年も一年近く、うめ・さくら組さんを中心に子ども達と関わらせもらいましたが、
僕が心から思うことは、子ども達は全員、とてもとても魅力的ということ。
そして僕自身、みんなとのこの時間が大好きです。

どうぞ保護者のみなさんも、
わが子の育ちを、見栄えや出来栄え、上手・下手にとらわれることなく、他の子とも比べることなく、どーんと受けとめてあげてください。

そして、想像することや考えること、それを遊び楽しむ心、試行錯誤や葛藤、そういう育ち丸ごと全部を、どーんと受け止めてあげてください。

その時に伝える言葉は、「えらいね」「すごいね」「よくできね」「またがんばろうね」などといった比較・評価の言葉ではなく、
ただありのままのわが子を
「素敵だよ。」
「大好きだよ」と。

親の理由なき愛情は、子どもにとって、百人力にも値する大きな自信を作るように思います。

つるた保育園のみなさん、今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2014-12-03 22:37 | Comments(0)