ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

父親講座

フェリーチェさんにて父親講座をさせていただいてきました。

サロンに到着し、親子の皆さんが集まってくると、僕はすぐに嬉しくなりました。

その理由は、集まってくる子達が一人、また一人と、僕のことなど気にせず、当たり前のように思い思いの遊びをはじめたから。

子ども達がそんな風にいられるということは、普段からこちらのサロンやスタッフさんが子ども達にとってそういう心地よい場所になっていることの表れです。
そして、お父さんがわが子のそういう姿を受け入れている表れです。それで嬉しくなってしまいました。

そうなると、当初は親子の遊びを色々とお伝えして楽しく過ごしてもらおうと考えていたのですが、予定変更です。

遊びは紹介しながらも、こんな風に子ども達に寄りそい、子どもの思いを受け止められる親の姿勢がいかに大切かを、おしゃべりしながら共有させてもらいました。
子ども達の真剣に遊ぶ姿。
そしてその子ども達を真剣に観察し、受け入れ、コミュニケーションする父ちゃん達の姿。
本当に温かな時間でした。

講座が終わった後日
サロンに来たママたちからは、
「遊びを教わると思ってたけど、夫婦で話したいもっと大切なことが聞けたみたい」
と嬉しい感想をいってくれていたそうです。よかったよかった。
これからも親子一緒に、ゆっくりゆっくり育っていってくださいね☆☆

詳しい様子はこちら子育てサポーターNPOチャオさんのブログもどうぞ。

皆さん、ありがとうございました(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2012-03-28 14:03 | 研修会・講演 | Comments(2)

おえかきWS「新たな旅へ!ぼくのわたしの船を描こう!」

今日は時系列が逆になってしまいましたが、前々回の三重ツアーの報告の続きをもう一つしたいと思います(^^)

三重県志摩市は志島小学校にて、お絵かきワークショップをさせていただきました。
二年ぶりの訪問だったのですが、子ども達の中には覚えてくれていた人も多く、
「久しぶり~!」と温かく迎えてくれました。

今回は卒業記念ということで、テーマは「新たな出発」。
また志島小学校は海のすぐそばにあるので、子どもたちには自分を船に見たててもらい、新しい学年への出航にふさわしい「船」をデザインしてもらいました。

f0148974_1245833.jpg
f0148974_1245302.jpg
f0148974_1651254.jpg

船のデザインができあがると、子どもたちの想像はそこで止まりませんでした。

完成した船に友達や家族を乗せる人、
仲間同士あつまって列を組む人、
海の生き物たちに囲まれて航海を楽しむ人など
細かなところにもそれぞれの思いが表されていました。
f0148974_12492451.jpg
f0148974_12494963.jpg

それを見てると伝わってきます。
子ども達の頭の中のイメージでは、ちゃんとその船に自分が乗っているシーンが浮かんでいるんだなと。

大海原へと進んでいく、私の船。
船上に立って一人海を眺めていると、ドキドキと同時に、少し心細い気持ちにもなる。
それでふと見ると、隣に友達の船がやってきて、手を振ってくれた。
水面をのぞくと、面白海洋生物の影が見え、飛び跳ねたりしている。歓迎してくれてるみたい。よーし、なんだか力がわいてきたぞ。全速前進~。


なーんて、きっとこんな風に想像がどんどん広がっているのでしょうね。

志島小学校の皆さん、本当にありがとうございました!!
そして六年生、卒業おめでとう!!!
f0148974_12504840.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2012-03-22 12:53 | 小学校などのWS | Comments(0)

工作WS「不思議な望遠鏡を作ろう!」

3.10.11日は二日間、横須賀美術館にて「不思議な望遠鏡ワークショップ」を行ってきました。
本当は一年前のこの週末にやる予定だったワークショップ。
そのときに東日本大震災がおきました。
そして残念ながらイベントは中止。 僕自身も正直動けませんでした。
テーマが海を舞台にしていたこともあり、
あの状況で、子ども達に「今日は一緒にワクワクしよーぜ」と心からいうことはどうしてもできませんでした。

それからきっかり一年後の今日です。
美術館のスタッフさんが、もう一度ここでやりましょうと言ってくださったことはただただ嬉しくて、感謝でした。
今はあらためて思います、一緒にワクワクしよーぜと。

そしてむかえた、本番です!

子ども達とどこまで共有するのが良いものかはわかりませんでしたが、11日は少しだけ震災のことにもふれさせてもらい、
「今日もこれからも、お互い真剣にいっぱい遊んで学んで、大切に過ごしていきましょう。」
と僕自身の思いも伝えさせてもらいました。
f0148974_23451034.jpg
そうして、WSがはじまると、子ども達はいきなりのフルスロットル。
6、7歳の子ども達30人全員が、黙々と二時間ひたすらに望遠鏡を作りつづけていました。


「そうだ、ここにスイッチをつけよう。」

「コト、、カタ。」

子ども達のアイデアが浮かんだ瞬間のつぶやきや道具を使う音がところどころから聞こえてきます。
ということはそれ以外の音が何もなく、それらが聞こえるほどに、静かな空間となっていました。

そのときの子ども達の表現・ものづくりに対する姿勢、例えば絵を描く筆先を見つめる目の力強さや、頭が地面につくぐらいにかがみこんで作る姿、そういう身体の動き一つ一つの迫力・説得力がとてもつもなくて、本当に素晴らしかったです。

f0148974_23454451.jpgf0148974_23455721.jpg









f0148974_23461211.jpgf0148974_23462175.jpg









f0148974_234641100.jpgf0148974_23465640.jpg









f0148974_23471457.jpgf0148974_2347414.jpg











完成した望遠鏡をのぞく子ども達は、そのレンズの先にしっかりとワクワクな未来を見ていたように思います。

準備から数えると二年ごしのこのワークショップ、無事終えることができて本当によかったです。
横須賀美術館のみなさん、参加してくれた子ども達、ありがとうございました!!

f0148974_23595146.jpg

f0148974_23481527.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2012-03-17 00:00 | 小学校などのWS | Comments(0)

おえかきWS「卒業式の屏風を描こう!」

ご無沙汰になってしまいました!みなさまお元気ですか?

僕もおかげさまで楽しく子ども達と出会わせてもらっています。
また少しずつ報告をしていきたいと思います!

さて、まずは今年二回目の三重ツアーにて、国府小六年生との卒業記念のワークショップをリポートです。

今回のワークショップでは、
事前にテーマはきめず、長さ6mにもなる白ダンボールを前に、12人で話あうところからはじめました。
f0148974_141274.jpg
f0148974_15096.jpg
最初はその大きさや雰囲気にみんな戸惑い、様子を見ながら話をして考えていきました。
そして、少しずつ自分の描きたいところを見つけ、描いていきました。

もちろん、十人いれば十色です。
それは一人一人が何を描くかとう個性だけでなく、絵を描かないことも含めて十色です。
絵の代わりに言葉でメッセージを描く人や、友達の描く絵に共感しておしゃべりを楽しむ人や、それぞれ心地よい形で参加してもらいました。
f0148974_152879.jpg
f0148974_153938.jpg
「みんなで絵を描くワークショップ」なのに、描かない人は不参加なのではと思う人もいるかもしれません。
でも僕はそうは考えません。

絵で表現することも、言葉やおしゃべりで表現することも、それぞれの思いがあって、それがちゃんと表れていますから。
その姿はみんなとても魅力的でした!

一人一人の考えや思いに、行動の選択・決定がゆだねられ、
表され、そして受け入れられるやりとりと空間。
その丸ごとがワークショップの醍醐味なのだと思います。

終わったあと、
「ひでさん、ありがとう!!またね!」
と言ってくれたみんなの笑顔が、そのことを改めて感じさせてくれました。

国府小六年のみなさん、本当にありがとうございました!!
またね!!
f0148974_1251062.jpg
f0148974_16097.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2012-03-09 01:13 | 小学校などのWS | Comments(0)