ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「子を見る親、親を見る子」

さて、埼玉県川口はララガーデンにて親子の工作ワークショップをやってきました。
こちらでのワークショップは4回目。おかげさまでリピーターで来てくれる人も増え、僕も嬉しい限りです。
今回は親子で一緒にコマを作って遊びました。



f0148974_13423752.jpgかっこいい父ちゃんの姿
親子でワークショップをやっていると、お父さんやお母さんが夢中という場面もよくあります。
そんな時の息子、娘はというと、
じーっと真剣に見ています。たまに「お父さん、これなんかどうかな?」と材料持ってきて提案したりして。

今日もそんな親子が何組かいました。
ワークショップが終わると5歳くらいの男の子が僕のところにきて、
「ねぇ、うちのお父さんすごいんだ!見てよ!」
ほこらしげに作品を見せてくれました。
きっとその子にとってはパパがますます憧れになったことでしょう。
f0148974_13384638.jpg

親子で工作!というと、子どもが中心で親はその手伝いというイメージが一般的かもしれませんが、
親が夢中に作っていて、子どもはそんな親の姿を真剣に見ている。
そんな楽しみ方も親子の素敵な時間の一つです。

来てくれたみなさん、ありがとうございました!
また来月楽しいワークショップをやりましょうね♪
[PR]
by doughnut-official | 2010-02-20 13:35 | コラム・エッセイ | Comments(0)

親子WS「巨大絵本を作ろう!」

f0148974_1134034.jpg
巨大絵本を作ろう!

日時:1月31日
場所:長沢体育館

みなさんこんにちは!ひでです。
あっという間に2月もなかば。なかなかリアルタイムな報告ができませんが気長にお付き合いくださいね♪

さて、今日は関西ツアーからの報告をもう一つ。
三重でのラストワークショップは志摩子育て応援団さんたちが主催のイベントで20組の親子の皆さんとやってきました。

ここでは応援団のみなさんから最初、
「命をテーマにしてワークショップができないでしょうか?」というお話をいただき、
僕は二つのプランが浮かびました。

一つはシンプル、命をテーマにしてみんなでおしゃべりするワークショップ。
もう一つは、生きている「今」という瞬間にスポットをあてるワークショップ、ようはいつも通りのお絵かきや工作のワークショップということですね。

どちらの方向でいこうかなぁと考えつつ、集まったメンバーによっても大きく変わるものなので、そのライブ感も含めて全員で味わおうということで、内容は即興で決めることに 。

いよいよ、本番。
集まってみると、年齢は2歳、3歳の子どもから高学年、大人まで様々。
そこで、どちらかといえば後者のパターン、その時間の足跡が記録となるような、お絵かきのワークショップにしました。テーマは「命があると思うものをかこう」です。


f0148974_11261045.jpg真剣にかいている人もいれば、周りとおしゃべりしながらかいている人もいました。
冗談まじりでキャーキャーやっているのを見ると、テーマが「命」なので、つい「ちょっとマジメにやってみようよ」なんて言いたい気分もなくはないのですが、
どうやら本人たちはそんな雰囲気じゃなさそうだし、そもそもマジメってなんだ?まとめたがるのは良くも悪くも大人の癖だよなぁ、なんて思ったのでそのまま続行です♪ 途中からは絵だけでなく、書きたい人はそこにお話もかいてもらいました。

f0148974_11253991.jpg
そうして、一時間後、会場は何とも温かな空気に包まれていました。

もっともっと描きたくて、絵の具がなくなると走ってとりにいく男の子の姿。
子どもそっちのけで楽しむお母さんたちの姿。
二人で相談しながら描いている親子の姿

その光景を見ていると、そんな一人ひとりの生き生きした姿こそが
「命」を表現しているように思えます。
少し変な言い方かもしれませんが。
ってまたマジメにまとめようとしてますし(笑)

あえてあまり堅苦しくならいようにして、仰々しく語ったりせず、みんなのペースでのんびり進んでいったワークショップでしたが、完成した絵本にはこんなお話がかいてありました。

f0148974_11394719.jpg

            ぼくらはみんないきている そお ぼくもいきているよ。

「そお ぼくもいきているよ。」か。

すごいなぁ。
この空間でなにが起きているか、僕なんかよりも全然わかっているのかもしれませんね。
子どもの感受性って本当に豊かです。

志摩子育て応援団のみなさん、社協のみなさん、応援に来てくれた千恵ちゃんゆきちゃん、ありがとう~(^O^)
[PR]
by doughnut-official | 2010-02-15 11:14 | 親子のWS | Comments(0)

三重ツアー報告

島の海の水族を作ろう!

日時:2010.1.28 場所:志島小学校
f0148974_1536258.jpg
三重ツアー第二段は志島小学校にいってきました。
こちらも海のまん前にある小学校で、今回は卒業記念ということで1年生から6年生みんなで「志島の海の族館」を作りました。


f0148974_15365587.jpgf0148974_15371180.jpg








みんな大盛り上がりで描いていたけれど、子どもたちと同じくらい夢中になっている先生の姿も印象的でした。
とくに教頭先生なんて、自分の描いた魚を「見て見て」と一生懸命子ども説明したり、ワークショップが終わる最後の最後まで描いていて。
そういう姿、子どもはちゃーんと見逃しません。
「背中を見せたい」なんてよく言うけど、
自分の背中を見せるということは、自分は前、つまり子どもと反対を向いているわけで、子どもを信じてないとできません。
育つこどもと、信じる先生。良いなぁ。

また会えるのを楽しみにしていますね♪
志島小学校のみんな、ありがとう~!

f0148974_15491869.jpgf0148974_15494493.jpg
[PR]
by doughnut-official | 2010-02-05 22:24 | 小学校などのWS | Comments(0)

三重ツアー報告1

みんなで描こう!ステキ

日時:2010.1.27  場所:安乗小学校 
いってきました三重県は志摩市でのワークショップです♪
道中、四日市では子どもの本専門店メリーゴーランドの増田さんや作家の宇野亜喜良さん、石津ちひろさんといった素敵な先輩方と食事をしたり、京都までいって某大学の先生たちとワークショップについての話をしたりと(こちらは来年度に特別授業をすることになりました♪)
楽しい時間を過ごさせていただき、いざ伊勢志摩へ!!

まずは安乗小学校でのおえかきワークショップです。
ここでは全校100人の子どもたちと一緒に大きさ20メートルにもなる壁画をつくりました。
f0148974_1703380.jpgf0148974_171050.jpg








テーマは「小さな世界は素敵な世界」
みんなが「素敵」だと思うものを自由にかき、それらが集まるとそこには一つの小さな世界ができていきます。
f0148974_1782685.jpg
世界のいろんなところに「♪」をかいている三年生の女の子がいました。
なんでか聞いてみると「だって音楽って素敵でしょ。私大好き。」と一言。
こういうのをサラッとかいちゃうその子が素敵ですよね。
f0148974_17141723.jpg


小学校の近くには海と灯台があって、そういう身近なもの、地元のものを描いている人もたくさんいました。
「灯台もと暗し」といいますが、子どもたちの灯台もとはピカピカのようです☆☆



あと、今回ももちろんウンチをかいている人いました。
どこいっても誰かかくんだよな~。笑
最近少し思うのは、どうやらウォーミングアップでかいている人もいるみたい。
それについてはまた今度書くとしましょう。

というわけであっという間に素敵な世界が完成しました!!
その画面には、あたりまえのように自然があって、町があって、音楽も流れてて、そして命があります。
丁寧だったり、雑だったり、身近なものから理想や夢までいろいろあります。正解なんてありません。
子どもの考えたことだからとか、遊びだからとかそんなこと関係なく
これが世界だよねぇという感じです。それもちょっと平和な。

安乗小のみんなありがと~う!!!
f0148974_17241662.jpgf0148974_1726139.jpg








f0148974_17172778.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2010-02-02 15:58 | 親子のWS | Comments(0)