ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

親子WS「親子で遊ぼう!」

☆☆しゃけのこいくら会 親子イベント☆☆

日時:2009年3月20日
場所:増林公民館
f0148974_1184697.jpg
今回は親子の交流イベントをプロデュースしてきました!しゃけのこいくら会は障害をもつ子どもたちの親御さんのサークルで、今回は「家族みんなで楽しい時間を過ごしたい♪」とのこと。
大人も子どもも関係なく、障害があるないも関係なく、みんなが楽しめるワークショップをお届けです☆


前半は身体を使った遊びのワークショップをしました☆
まずはゴロゴロ、こしょこしょ、クルクル、くねくね体操です♪身体をほぐすと、心もほぐれるんですね。
そのあとは、身体を使ったゲームを色々やりました。走れる人も、車イスの人も、バギーの人もみんなそれぞれの楽しみ方で大盛り上がりでした♪

f0148974_121791.jpg

後半はお料理ワークショップでミニどら焼きをつくりました。
トッピングは定番のあんこにはじまり、生クリーム、チョコ、ジャム、などお好みではさみます。

f0148974_1215057.jpg


おいしく食べて、わいわいガヤガヤ、
おなかもココロも元気満タンになりました♪♪



f0148974_1271794.jpg
                     また遊びましょ~う(^O^)
[PR]
by doughnut-official | 2009-03-24 20:01 | 親子のWS | Comments(0)

子育て支援講座「子どもの遊び」

☆☆子育て支援サポーター講座☆☆

f0148974_12564756.jpg日時:2009年 3月16日
場所:越谷中央市民会館研修室 

今回は越谷で10年以上子育て支援の活動をされているNPO子育てサポーターチャオさんの研修会にて講座をしてきました。
  テーマは「遊び」
ふだんワークショップをやっている僕ですが、
これも一つの遊びといえますからね。ワークショップの実践をまじえながら、あらためて「遊び」についてを会場のみなさんと考えていきました。

当日のテーマは
「今、子どもたちに必要な遊び」
さてこのテーマ、みなさんは違和感を感じることはないでしょうか?
ちょっと考えてみてください。
僕が感じる違和感は「必要」というキーワード。
「必要な遊び」
う~む。必要な遊びってなんなのでしょう?
今回のワークショップ講座はこんな疑問からのスタート♪

1.遊びを考える
まず「遊び」というのは、そもそも面白いこと、楽しいことです。
その種類は、体を使うことだったり(おにごっこ、野球とか)、頭を使うことだったり(トランプ、謎解きとか)、もちろん絵を描いたり、工作したりと色々。
また、それが一人で味わう面白さだったり、集団で味わう面白さだったりもします

2.一人ひとりちがう感覚
会場では、新聞紙を使ってワークショップをやってみました。
「新聞紙の面白さ研究」
みんなで新聞紙を丸めたり、やぶったり、色々しながら「面白い」と思った感覚を一人ずつ発表してもらいます。
すると、たくさんの面白ポイントが発見されました。f0148974_12532426.jpg

・クシャクシャの音がいい
・びりびりの音がいい
・やぶれるのが面白い
・かたくなったり、柔らかくなったりするのが面白い
・形を作れるのが面白い
・色々な写真が載っているのが面白い etc…

そして、今回はいませんでしたが、「新聞紙からはあまり面白さを感じない」
という人ももちろんいるでしょう。

そう。「面白い」という感覚・好みは人によって違うんですね。
色々な種類があって、その好みは人によって違う
、それが遊びというわけです。

3.必要な遊び
それに対して「必要」といった時点で、それは全ての人にとってやらなければいけない必要なものになります。個人の好みや感じ方といったものは軽視されてしまう。
「必要な遊び」ってもはや「遊び」ではないのかもしれません。

4.僕のまとめ
子どもたちの周りではなにかにつけて、この「必要」という言い方をよく聞きます。
「~するのに必要な知識」「~に必要な能力」「~のために必要な体験」などなど。ですが、遊びは必要論ではないと思います。

楽しく、面白く遊んで、うまくいったり、たまにはうまくいかなかったりする「遊び」

そんな遊びをあえて人の育ちという観点で言うならば、
「成長にとって必要」なのではなく、結果として、その人の成長につながったり、つながらなかったりするということなのではないでしょうか?
これぞまさに遊びのアソビ(ゆとり)です☆

というわけで、今回は講座の簡単にではありますがリポートしました。もっと突っ込んで考えたいという方はコメントやご連絡お待ちしてます♪
あ、4を「僕のまとめ」としたのは、あくまで僕のまとめであって、みなさんのまとめはみなさん自身が作るものだと思うからです。これも遊びのアソビですね(笑)
[PR]
by doughnut-official | 2009-03-18 12:48 | 研修会・講演 | Comments(0)

言葉のWS「漢字で語ろう」

☆☆漢字で感じるワークショップ☆☆

日時:2009年3月7日
場所:蒲生公民館

今回はいつもとはちょっと違ったワークショップをやってきました。
なんと60・70代の男性のサークルでのワークショップのリポートです!!

Q え?Doナツって大人のワークショップもできるの?
A もちろんできますとも!

だってワークショップに大人も子どももありません。
根っこにあるのは「表現」と「コミュニケーション」。その方法はきっと無限でしょう。
いつでもどこでも、誰とでも、それがワークショップなんです。
というわけで今回はこんなワークショップをやってみました!

「漢字で感じるワークショップ」
あなたを漢字一文字であらわすとしたら?
これをみなさんに書いてもらい、その理由をきっかけにそれぞれ自分の話をしてもらいました。
f0148974_3474320.jpg

少しだけご紹介しましょう。

」…
私は70年生きてきてとにかく「知りたい」ということにこだわってきたと思います。好奇心を大切にしていたというのかな。「なんでだろう?」って思ったことを、考えて、調べて、ずっとそうやって生きてきたきがします。そんな不思議なこと、わからないことの「奇」なんです、、、

」…
私は誠実ということがいつも頭にあったように思います。それは私がいつも誠実でいられたということではなくて。誠って相手の受け取り方でも変わるものだから、きっと相手からは誠実に思われないこともあった。 それでも?だからこそ?自分の誠とはなにかをいつも考えていましたね、、、

」…
僕は自分にとって楽しいと思うことを選択してきました。そして、それは自分にとって楽(ラク)なことを選んできたということでもあったと思います、、、

どうですか?すごいですよね。
僕も大切にしたいなって思うことばかりだけど、なんというか、その迫力が違うんです。それも穏やかで優しい。穏やかで優しい迫力なんて矛盾してるようだけどそんな感じ。
これが「老い」とはまた違う、「年を重ねる」ってことなのでしょう。

お一人おひとりの言葉には、その方の歴史がつまっていて、重みがあって、本当にたくさんの思いやドラマがありました。

今回のワークショップでは、文字通り先に生まれた「先生」たちが、まさに「体当たり」で教えてくれたように思います。


人生に正解なんてない!!!


f0148974_346537.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2009-03-10 02:17 | イベントなどのWS | Comments(2)

工作WS「タマゴの国のおくりもの」

みなさんごぶさたしています!!なかなか更新できず、あっという間に3月になってしましました。
今日はまず、美術館でのワークショップを報告です!

☆☆タマゴの国のおくりもの☆☆

f0148974_17145184.jpg
日時:2009年2月22日、3月1日 
場所:川口アートギャラリーアトリア 各回小学生20名

何でもタマゴから生まれちゃう「タマゴの国」から、みんなのもとにちょっと不思議なタマゴのプレゼントが届きました。
そのタマゴ、何が生まれるかは、「持ち主のあなただけが決められる」という不思議なタマゴなんです。
           
     「あなたのタマゴからは何が生まれる?」

そんな不思議なタマゴの模様をみんなでデザインするワークショップです☆

f0148974_17275473.jpgf0148974_176532.jpg







完成したら発表タイム。
みんなの作ったタマゴの模様を見ながら何が生まれてくるかを予想しておしゃべりしたり、タマゴにまつわるお話を発表したりしました♪
f0148974_1728386.jpg


少しだけご紹介しましょう。

『F1カーのタマゴ。
このタマゴは2か月で孵化して、10歳で普通の車の大きさになります。
産まれてから1日3回、ガソリンを1滴ずつあげます。中には七色のボタンもついてます。』

『タマゴのタマゴ。
このタマゴは中にタマゴが入っています。このタマゴはつぎにもタマゴが入っています。そして、いちばんちいさいタマゴになったら、かたくなってあけられなくなります。』

『水たまもようのみつあみのようせいのタマゴ。
このタマゴの中のようせいはとてもかわいい女の子のようせいでおしゃれが大好き』

f0148974_17304249.jpg


今日のワークショップ。実は本当に生まれたものもあるんです。
それはね、、

考えたり作ったりして、ワクワクするみんなのココロです♪♪
[PR]
by doughnut-official | 2009-03-03 16:43 | イベントなどのWS | Comments(0)