ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

エッセイ「背中とおなか」

せなかとおなか

今日は「背中」のお話の続きを書こうと思います。
前回、子どもは大人のことをよく見ていると書きました。
でも、だからといってそれは「子どもの前で何でもかっこよくいなきゃ」という意味ではありません。
子どもにとって親や周りの大人のかっこいい背中はもちろん素敵。
でもかっこわるい姿もありなんだと思います。

先日こんなことがありました。
僕の友人に、ワークショップの付き合いが3年になる小3の子どもたちがいます。

その子たちは、ワークショップの最中僕が「手伝おうか?」なんていっても
「いや、ひでに手伝ってもらわなくてもできるから。」
とあっさりと断ります。
また僕が割と抜けているので、何かを間違えたり、忘れたりすると
「これだから、ひでは!」と怒られたりして、どうやらあんまり頼りにはされてないようです。笑
だけど子ども達は毎年この企画を楽しみにしてくれてるんですね。

それで今年、一人の子がワークショップ中にふと言いました。

「わたし、将来ひでみたいに、子どもたちにワークショップ企画するんだ。」

ふだんは頼りにされてない僕ですが、
でも一方で、僕がこのワークショップを企画していることや準備していることを
ちゃんとわかっていて、それを認めてくれてんだなと伝わってくる、嬉しい一言でした。

子どもは大人をよく見てます。
大人のかっこいい背中も、逆に少し頼りないお腹も。
でもそのどちらかで簡単に人の好き嫌いを決めたりしませんし、
きっと様々なかっこいい・かっこわるいをみて、
子ども達自身の価値観を作っていくんだろうと思います。

背中もお腹も素直に見せられる大人でいたいです。
[PR]
by doughnut-official | 2008-11-22 21:55 | コラム・エッセイ | Comments(1)
Commented by たま♪ at 2008-12-05 22:59 x
うん!私もそう思います(*^_^*)
子どもがいてもいなくても、
たくさんの人にそう思ってもらえると、
私のような気弱な(←違うか?!)親としては
ちょっと肩の荷が減ります(^_^;)
そうなると、肩ひじ張らずに無理せずありのままで
いられる時が増えるかもしれません!(^^)!
ありがと、秀さん♪
<< WS・講演・原稿のご依頼・お問... 工作WS「ガラクタワンダーランド2」 >>