ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「小さな子ども達は、集中力がないのではなく、自分で判断して、集中を切っただけ。」

f0148974_20541217.jpg
「集中力がない。」

小さな子ども達は、よく言われがちです。

でも、僕は、これも大きな誤解ではないかと思っています。

****

例えば、クラス20人で絵を描いて遊んでいて、

一人、それをやめた子がいます。

すると

「あの子は、集中力がないから。」

と見られがち。

なぜそう思うのでしょうね。

ただ、やめただけなのに。

自分はここで終わりにすると、判断しただけなのに。

自分の遊びや活動に、自分で終わる判断をするって、すごい力です。

****

この違和感、大人で考えるとわかりやすいと思います。

例えば、友人が音楽をすすめてくれてアルバムをかしてくれた。

聴いてみると、自分にはあんまり好みじゃない。

それでも聴きつづけますか。

せっかく紹介してくれたしとか、

聴いている内に良くなるかもしれないとか、

そういう自分なりの理由や興味を見つけて、聴く人もいるでしょうが、

途中で終わりにする人も多いんじゃないでしょうか。

じゃあそれは、集中力がないから?

違いますよね。

自分でやめると判断しただけのことです。

****

こんな当たり前のことが、子どもだとそうはいかない。

ついつい他の子どもの反応と比べられて、

他のこと同じくらいの時間やらないあの子は、

「集中力がない」

と全然本質の違う見方をされてしまう。

やめたことと、集中力の有無は全然関係ないのに。

***

じゃあなぜそう見られやすいのか。

それはきっと多くの大人が、

深く無意識レベルくらいにまですりこまれている

「子どもは未熟な存在」

という先入観があるからなのかもしれません。

たしかに未熟な部分、支えが必要な部分はもちろんあるのでしょうが、
でも子どもの全てが未熟なわけではないと思います。

僕はこれまで何万人という子ども達に出会わせてもらったのですが、

出会った限りでは、

集中力のない子どもって、見たことありません。

(色々な状況があって、気持ちが落ち着かず、集中どころではないという様子は見たことはもちろんあります。でも、これは集中力をもっていないこととは違います。)

*****

今日もそうでした。

今日は、保育園にて、4歳クラスの子ども達と折り紙や画用紙を使いお菓子をつくって遊んだのですが、ワークショップをはじめる前の打合せで、先生は言ったんです。

「集中がもたない子も中にはいると思いますが、」

おそらく講師である僕への心使いでもあったのかもしれませんが、
僕は返しました、

「集中力はきっと、みんな持ってます。
楽しければやる、つまらなくなったらやらない。それだけです。
なので、子どもたちと一緒に楽しいをどんどん広げていけたらいいですね。」

と。

実際はどうだったか、

30人全員が、2時間たっぷり、夢中になって遊んでいました。

これは、僕のワークショップに全員が参加したから、
僕のワークショップはすごいんでしょなんてことが言いたいのではありません。

全員が二時間、自分の「面白い」を見つけ続けて、時間を過ごしていたということです。


好きなお菓子を、思い思いの味付けで、つくることからはじまって。

お菓子ができたら、食べるごっこ遊びをする。

すると誰かが店員さんになる。

すると、また違う誰かがお金を作る。

買う人、売る人になって、

今度は違う誰かが看板を作る。

品物を管理するパソコンを作る人もいる。

どんどんお金を作って、みんなに配る人。

お金をしまう財布を作る人。

お店の飾りを作る人がいて、

お客さんに商品以外のお土産をつくる人がいて、

お店用の電話と電話番号を作る人もいる

これらは、全部子ども達がそれぞれに考えて、
作って、

なりきって、

遊びながら、

考えながら、

作りながら

集中していた姿です。

僕が今日提案したのは、
「お菓子を作って遊ぼうぜ。」
だけ

すごいなぁと思います。

***

子ども達は

興味・関心・好奇心の出会いがあって、

考える時間があって、

それらをベースに遊びを通して、

気づいたり、意味づけたりできる仲間があれば、

めちゃくちゃ集中力を発揮するのだと思います。

集中力がないんじゃなくて、

持っている集中力を存分に発揮できる環境があるかないかがポイント。

今日の遊びを終わりにした理由は

「お腹がすいた。」

集中力の切れた、最高の理由だと思います。

***

前回の赤ちゃんの話もそうですが、

子どもは未熟で、力のない存在

という先入観を一回置いてみないと、見えてこない

子どもの力、

子どもの魅力が

まだまだたくさんあるように思います。

たくさん見つけていきたいですね(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2015-02-13 20:39 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< 「つまらない」という言葉と本音 「赤ちゃんは歩けないのではなく... >>