ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「こどもクリエイティブ研究室」

f0148974_17464768.jpg
続きまして、子どものアトリエの名前を発表したいと思います。
研究所の中にあるものといえば、

研究室!

ですよね。

僕が子ども達とワークショップをやっていて、とくにワクワクさせてもらうことの一つが、子ども達のアイデアです。

例えば、
「見えないものが見えるメガネ」
というテーマに対して、

自分が見えるメガネ(鏡やカメラに映る姿とは違いをわかったうえで。)

を作る人がいたり(5歳です。)、

「遠足へいくのにあわせて、魔法のバッグを作ろう!」
というテーマに対して、

雨がいれられるバッグ
(自分のカバンに雨を入れとけば、遠足で雨は降らないという理由で。)

を作る人がいたり(6歳です。)、

子ども達のアイデアを見ていると、
知識や経験、常識で考えれば、たしかに無茶や矛盾はあるのだけれど、
だけど、どこか真に迫るような、そしてなんとかしたくなるような、
そんなアイデアをたくさん見せてもらいます。

そして実は、現実の世界だって。
そういう無茶・矛盾を解決しようとするから、
言葉、発明、科学、テクノロジー、芸術、文化などなど、
様々なモノ・コトが、生まれるのではないかと思います。

そこで、子ども達の日常から空想まで、この世界のあらゆるテーマについて創造的に、考え、形にする場所。研究する場所。作品が生まれる場所。
という意味を込めて、

こどもクリエイティブ研究室

としました。
こちらもいい名前でしょう。笑

4月から研究室を本格スタートしますので、ただ今より研究員を大募集したいと思います。
のちほど詳細もご案内する予定ですが、早く知りたいという方はご連絡くださいね。

こども環境デザイン研究所有する

こどもクリエイティブ研究室

あわせて、よろしくお願いいたしますm(*^^*)m
[PR]
by doughnut-official | 2015-01-27 17:48 | NEWS | Comments(2)
Commented at 2015-01-30 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by doughnut-official at 2015-02-05 19:14
江原さん
ごぶさたしています。携帯にメールをお送りしたのですが、変わっているようでしたので、このブログのプロフィール欄に記載してあるアドレスまで一度メールいただければと思います。
よろしくお願いします。
<< 「自由という言葉に隠れている不自由」 「こども環境デザイン研究所」 >>