ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

[お母さんの正直な気持ち」

先日このブログで紹介させてもらったりーちゃん(2歳)のお母さんから嬉しいメッセージをいただきました。
そこにはお母さんのわが子への思いと、そして日々悩みや葛藤も持ちながらがんばっていらっしゃる親の姿がとてもあらわれていました。
そこで、こういう生の声にはきっと、このブログを読んでくださっているどこかのお母さんにも共感やエールになるのでは思い、掲載させてもらうことにしました。
りーちゃんママ、快諾してくださりありがとうございます。

ということで、ご紹介したいと思います。

***

その節は素敵な時間をありがとうございました。
とても楽しかったらしく、娘は何度もひでさんの話をしています。
今日はお絵かきの先生いるの?といつも聞いてきます。
充実した時間だったんですね。

ひでさんのブログ、拝見しました。
ひでさんが書かれていたような「寄り添う」ことができているかどうか怪しいところですが、あんなふうに感じてくださってとてもうれしいです。

毎日色々なことに挑戦する娘を、ヒヤヒヤしたり、ちょっと面倒だなと思ったりしながら
後押ししていることが間違っていなかったのかなあと、ただただうれしい限りです。
やりたいことをなんでもやらせているとワガママになると言われたこともありますが、
私は子供のうちくらいはやりたいようにやればいいと考えています。
そんな密かな自分の考えを後押しして頂いたような気がして、
本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

* * *

ただ、あの時は気持ちに余裕があったのでわたしのいい面をみていただいたのですが、
実際はそんな上出来な親ではありませんよ…
どの子もそうだと思いますが、生まれつき悪い子など存在せず、
周りの大人が自分の都合で扱いやすい子をいい子、面倒でてがかかる子を悪い子というふうに接してしまい、結果、そういう方向に成長してしまうんだと思っています。

ですから自分の都合とは関係なく、どんなことでも受け止めてあげたい、という希望を持ちつつも、こちらに余裕がない時は、つい大きな声で怒ったりしてしまい自己嫌悪に陥ることもしばしばです。

子育てをしていると、自分の器の小ささが嫌という程身に染みます。
私ができた人間なら、この子達はもっと素晴らしい成長を遂げられるかもしれないのにな、と。
でも、完璧な親はいないしな~と逃げつつ子育てしているので、
今回のように第三者の視点、しかもプロの方からお声がけをいただけて
少しだけ自信が持てそうです。

本当にありがとうございました。
これからもブログ、読ませていただきますね^_^
そしてまたお目にかかれる日を楽しみにしています。

***

ママの真っ直ぐな気持ちが伝わってきますよね。
悩みながら、一生懸命。
素敵なママだなぁと思います。
そしてきっと、親っていうのは、多くの人がこんな気持ちなのでしょうね。
すごいことです。

りーちゃんママの言うとおりだと思います。
完璧な親なんていませんし、完璧な先生だって、完璧な大人だっていません。
僕もデコボコだらけです。

だからって、完璧なふりなんてしなくていいし。
無理して完璧になろうともしなくていい。
僕はそう思います。

そのかわりに、親も、家族も、園や学校も、地域も、それぞれが完璧じゃないことを素直に受け入れて、みんなで力をあわせていけばいい。
そしたら、誰がいっそう豊かな時間を過ごせるかって、それはもちろん、子どもたち。
一人の、一つの完璧な支えよりも、ずっとずっと、出会いと世界が広がっている。

完璧じゃないからこそだと思います。

親Aさん、Bさん、保育士Aさん、Bさん、学校の先生Aさん,Bさん、地域のAさん、Bさんetc
人が違えば、みなそれぞれ、子育てや保育・教育に対する細かな考え方や方法にはたくさんの違いがあるのでしょう。だけど、

子ども達が幸せに育ってほしい

ということだけは、きっとどの大人も一緒です。

それならその思い、ただ一つを根っこにして、
それぞれが、完璧じゃないことを受け入れて、穏やかにつながれたら、
どんなに優しい場所や時間が生まれるのでしょうね。
考えただけでも、ワクワクしてきます。

そして。
じゃあそのつながりをどうやってはじめるのかっていったら、それは
りーちゃんママのメッセージ。

「わたし、完璧じゃないのよね。」

って素直に言っちゃうことなんだと思います。

「私も。」「僕も。」「私たちもです。」

なんて言いながら、力をあわせていけたらいいなぁ。

りーちゃん、りーちゃんママ、親子そろって素敵な気づきを本当にありがとうございます(*^^*)
またいつだって応援にいきますからね♪
絵の具や工作の道具をいーっぱい持って。
[PR]
by doughnut-official | 2013-10-31 18:01 | コラム・エッセイ | Comments(2)
Commented by はっぱ at 2013-11-17 23:12 x
りーちゃんは2歳なんですか!?はさみも使えるなんてすごい。お姉ちゃんのように私もできるよってかんじなところを見てほしいんですね。子どもはそういう素直というか真似でもなんでもいいから、おっきい人みたいにやってみたいっていう気持ちがあるから、のびるんですね。
Commented by doughnut-official at 2013-11-19 18:42
>はっぱさん
そうなんです。すごいですよね。
憧れや真似もいっぱい育ててくれますが、あとは純粋な好奇心でも育っていくのだと思います。
子どもは生まれた瞬間から、この世界を自分なりに解釈しようとしてるんですよね。たぶん。
赤ちゃんは言葉で教えてはくれないけど、そういう目をしています。
だから、はさみが目の前にあると。
「これはなんだろう?」
って思って、まずはさわってみる。
そこで誰かが使ってるのを見たり、誰かに教えてもらったりして、
今度は紙をはさんで動かしてみる。
「切れた!」
「これは面白い!もっと切ってみたい!」
なんて本人たちはほとんど言葉にはしないからわかりにくいけれど。
こんな好奇心から、はじまると、道具もどんどん使いこなしていくし、育っていくのだと思います。
<< 「ものづくり こころづくり」 「再会できる場所」 >>