ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「生まれた時から持っている誠実さ」

みなさんこんにちは!
いよいよ夏休みも終わりが近づいていますね。
宿題に追われている人も多いことと思います。笑

さて、今回のリポートは先日、以前にここでも紹介したことのある友人たちと、一年半ぶりに再会をしてきましたのでそのことについて書こうと思います。

僕らが出会ったのは、もう7年前のこと。
当時小学校1年生、2年生でワークショップに参加していた彼たち、彼女たちも、今や14歳。
背はとってものびたし、身体つきや骨格もしっかり、顔つきもかなり大人っぽくなってきました。

中でも特に印象深かったのは、目。

お互いの近況をおしゃべりして、冗談をいったり、ふざけたり、屈託のない顔で笑うところも変わらずなのですが、
時折ふと見せる表情は、心地よい緊張感をもっていました。
f0148974_10565360.jpg
f0148974_1057555.jpg

そういう大人びた表情に嬉しく驚きながらも、
もっと驚いたのは、というか「やっぱり!」と思ったのは、
その目を僕は昔から知っているということでした。

ワークショップに参加していた当時。
どんなものを作ろうかと考えている時や筆で絵を描いている時、自分の作品を語る時に、彼らは今と同じ目をしていました。7歳の時も、10歳の時も。
f0148974_11252723.jpg
f0148974_1127112.jpg
f0148974_1127234.jpg
f0148974_1127357.jpg

変わったのだけれど、変わっていない、目の前のことに対する誠実な姿勢。
今、みんなは14歳、15歳という今を真剣に生きているんだと思いました。

そんな姿を見ていると、実感させてもらいます。
ワークショップでは、1歳くらいから何十歳まで幅広い年齢の人たちに出会うけれど、
魅力的な人たちは、この目の素敵な緊張感をみんな共通して持っているということ。
子どもも大人も関係なく、1歳も60歳も関係なく持っている。
生きることに対する誠実さ。

「来年まで、お互いがんばりましょう!またね!」

いつからか、会のしめではこんな挨拶をするようになりました。

僕は29歳(といっても来月30歳)をしっかりやるし、
集まったみんなも、14歳は14歳を、15歳は15歳をしっかりやる。
そうしてまた会う。
それがなんとも気持ちの良い関係です。

今年もありがとう!
f0148974_10572134.jpg

[PR]
by doughnut-official | 2013-08-24 11:28 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< 「雨の日の約束」 藤沢市保育士会「遊びを考える」 >>