ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

空のある街2013

f0148974_2151682.jpg
今年も夏がやってきましたね!
僕のホームタウン越谷では、サンシティホールが主催で毎年大きなイベントをおこなっています。

「空のある街 2013」
空のある街は、今年で10年目を迎えます。
第1回目の電信柱から、屋根、消化器、藍染めの街・・・そして昨年の遊園地まで、この9年間、「ホッとする街」をテーマにたくさんのモノヅクリを行ってきました。その長い時間の中で、当時サポーターだった僕は、初代リーダーのエンドウキヨシさんからバトンを引継ぎ、当時参加者だった子ども達は、今ではスタッフとして参加してくれるようになりました。そんな歴史をみていると、空のある街の体験が、いかに本物の街づくりとつながっているかということを実感させてもらいます。

そして10年目。今年はズバリ直球勝負、みんなで「未来の街」を作りたいと思います。
どんな素敵な街にしようか、子ども達はきっと色々考えてくれるでしょう。時にはうまくいかないこともあるかもしれません。
ですが、そういう試行錯誤や葛藤の時間も含めて、僕は子どもたちの見せてくれる姿、全部を大切にしたいと思っています。
なぜならこの企画自体を、子どもたち一人ひとりが自分の思いや考えを自由に表現できて、それでいて失敗さえも受け入れられる空間にすることこそが、ホッとする街の第一歩だと思うからです。

また僕たちは、子どもたちに街づくりを教えるのではなく、子どもたちと一緒に街づくりを真剣に考えてみたい。
そう思っています。
というのも、子どもたちは知識や経験は少ないですが、その分、自分自身の喜びや身近な家族・友達のことを中心軸にした、本質的に大切な発見やアイデアをみせてくれると思うからです。
そして、それはもしかしたら、大人たちの方が忘れかけている視点であるかもしれません。

素敵な未来の街ができることを僕も今から楽しみにしています。
皆さんも子ども達の発見や発想、表現を楽しみにしていてくださいね。

お近くにお住まいで、お時間のある方はどうぞ遊びにいらしてくださいね。

矢生秀仁

詳細はこちら→空のある街2013
[PR]
by doughnut-official | 2013-07-19 21:55 | イベントなどのWS | Comments(0)
<< 新プロジェクトのMakuake 「子どもたちは生活している」 >>