ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「ネガティブをなくさない」

清潔、安全、簡単、快適、効率的、

どれも聞こえはいいけれど、
それらは時として、子どもの育ちの妨げとなるようにも思います。

例えば、砂場あそび。
つい先日、抗菌の砂場施設がニュースでやっていましたが、
綺麗ばかりではないからこそ、自身の抵抗力や免疫力が高まっていくのではないかなぁと。

例えば、オムツ。
吸水力抜群のオムツというのは、きっと快適なのかもしれないけど。
でもパンツの中でおしっこやうんちをして、不快を感じるから、快適になりたいと思うわけで。
「パンツの中でするより、トイレに行くほうが良いなぁ。」って学ぶのだろうと思います。
それに、「むずむずして気持ち悪いよぉ。」という気持ちを込めて泣いたら、側にいる大人が気づいてとりかえてくれる。自分の気持ちに応えてくれる。信頼のやりとりの第一歩。こういうコミュニケーションの機会を減らしてしまうという見方もできるでしょう。

僕は否定しているわけではありません。
ママやパパが楽ちんになれば、きっと子どもに向ける笑顔も増えるはずで、それはすごく素敵なことだとも思います。
しかし、そういう便利に隠れているマイナス面・不便に隠れているプラス面を大人がちゃんと考えているのと、無自覚なのとでは、きっと違うことでしょう。

何でも便利で、効率的で、結果がわかりやすくて、そういうことが身の回りにはあふれていて、たしかにそれらは魅力的なことだけど。
だけど。
本当に全部のことがその一側面だけで見てればいいのかと思うと、疑問もいっぱい。

とくに子どもの時代は。
時間がかかって、非効率で、きれいじゃなくて、ちょぴり危なくて、
そんな中でコツコツと自分のベースを作っていくのではないかと、僕は思います。
そういう土台があってこそ、今の便利で豊かな環境と付き合っていけるのではないでしょうか。

と、いうことで、
今ある当たり前の環境を、もう一度じっくり考えていきたいと思うこの頃です。

泣くこと、
汚れること、
難しいこと、
わからないこと、
ケンカすること、
さわぐこと、
何もしないこと、

などなど、子どもの姿の中で、大人が無自覚に取り払ってしまいがちなネガティブを、少しずつ書いていければと思います。

大人は自分で自分の環境を選べるが、子どもは自分で自分の環境を選ぶことはできない!

お楽しみに(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2013-04-27 17:45 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< 「子どもの育ちは連続している」 「保育の価値基準」 >>