ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「いつでも育つ どこでも育つ」

こんにちは!
今日は毎月恒例ララガーデン川口さんでの親子工作ワークショップのリポートです。
f0148974_14351410.jpg
僕がワークショップの準備をしていると、
いつも来てくれる少年が声をかけてくれました。
「ひでちゃん、これ。」
f0148974_14354222.jpg
見ると彼の手には菓子パン。
なんと、差し入れを持ってきてくれたのでした。
ワークショップの企画者・参加者という関係からはじまって、
今はそうであると同時に友人でもあるという、この距離感。
本当に嬉しくて、ありがたいです。
f0148974_14361373.jpg
f0148974_14362710.jpg
f0148974_14362940.jpg
f0148974_14363918.jpg
はじまる前には、「私、いつもやってるんだよ。面白いんだよ。」と周りの子達に紹介してくれる子がいたり。
帰り際「楽しかったから、また次も来るね!」といってくれる初めての子がいます。
また、「先月の工作、お家でも作ってみたんですよ。」と報告してくれるパパやママもいます。

こんな風にして緩やかだけど確実に、
商業施設という、一見すると子育てとはあまり関係ないように思える空間の中にも、
子どもを中心とした素敵なコミュニティができていくのを感じています。

もちろんつながりが生まれるきっかけは、僕のワークショップのようなものだけじゃなくて。
おもちゃ売り場の店員さんや、食品売り場・洋服売り場の店員さん、インフォメーションセンターのお姉さん、
そういうお店の中の大人たち、街の中の大人たち一人ひとりの笑顔や言葉から生まれるように思います。

そんな街の中で育っていけたら、きっと子どもたちの心もますます豊かになっていくのでしょうね。

子どもたちは家庭や保育園や幼稚園、学校にいる時だけではなく、
街中のどこでだって、いつだって、育っていくのだと思います。

好奇心に満ち溢れたこの世界で、
その心に寄り添ってくれる大人や仲間の存在があれば。

参加してくれた皆さん、ララガーデン川口さん
ありがとうございました(*^^*)
[PR]
by doughnut-official | 2013-04-24 00:39 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< 「保育の価値基準」 「一万回のありがとう」 >>