ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「つながり」

今日は前回のリポートで伺ったつるた保育園の主任先生からすごく嬉しいメッセージををいただきましたので、ご紹介しようと思います。

「国の方向性がどう変わろうとも、決して変わらないもの・・・
それは、子どもたちの笑顔と育ちだと思います。
その育ちを保証していく、守っていくのが私たちの仕事。

それを今回の矢生先生の研修で再確認できたように思います。
子どもたちの『できた』、『できない』の結果にこだわらず、そこまでの子どもたちの育ちをどれだけ大切にできるか・・・
そのお話を職員にしていただけたのは本当に貴重であったと思います。」

こんなメールをくださいました。

結果にこだわらず、プロセスをいかに大切にできるか。
そしてそのプロセスの大切さをいかにして、親達に伝えていけるか。

このことに、心を向けて日々の保育をがんばっている先生達がいるということは、とても頼もしく、また僕自身も力をいただきます。

場所は違えど、子どもたちへの思いは一緒。
離れていても、こころの根っこはつながっています。

色々な考え方をもつ親ごさん達との間で、上司やシステムとの間で、日々葛藤しながら、このブログを励みにしてくだっさっている先生達と、少しでもそのことを共感しあえたら嬉しいです。

それぞれの場所で、それぞれにできることをがんばっていきましょう(#^.^#)
[PR]
by doughnut-official | 2012-10-30 08:25 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< 「児童館の役割と可能性」 保育士研修「目に見えないプロセ... >>