ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「幸せな時間」

子どもが何かの判断に迷っている時間というのは、ネガティブにとらえられることが多いようです。
迷っている=理解ができていないor困っているなどなど。

でも、ちょっと考えてみます。


真っ白い紙にお絵かきをするとき、何色から描きはじめようか。


大好きな給食を食べるとき、何から食べ始めようか。


こういうのを考えて、迷ってる時間って、なんだかワクワクしませんか。


迷うという幸せな時間


子ども達には大切に過ごしてほしいですね。
[PR]
by doughnut-official | 2012-08-31 12:59 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< 親子講座「守ること」 親子工作「ハコハウスをつくろう!」 >>