ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「変わらないこと」

こんにちは!
気づけば4月も二週目が終了してしまいましたね!
本年度もどうぞよろしくおねがいいたします。

さて、今日はリポート番外編。
先日地元の子ども達、いや友人達と行ったお花見の様子をお伝えしようと思います。

f0148974_1904730.jpg

この友人達との出会いは、僕がワークショップをはじめた当時大学4年生で、
彼らが小学1,2年生の時。
大学周辺地域の子ども達に「どでかいお祭りをつくろう!」とチラシを配って集まってもらい、御輿獅子山車などを作り、地域の人を集めて、歌って踊っての盆踊り&パレードを行ったのでした。それからは年に一度、同窓会がてらのお花見をしています。

そしてこの春、子ども達はいよいよ中学生となりました。
学校のこと、友達のこと、趣味のこと、
話をしていると言葉一つ、表情一つに、心身の成長が伝わってきて、
それは僕にとっても想像以上に嬉しいものでした。

家に帰りあらためて6年間という時間を振り返ってみると、
子ども達が魅力的に変わっていることを実感しました。
もちろん僕やスタッフだった大人達も同じように変わっているのでしょう。
でもなお、この関係は変わらない。
それは僕達に今も変わらない部分があるということで、
それが僕にとってめちゃくちゃ大切な部分だということ。

彼らが小さかった時からたくさんの大切なことを教えてもらってきましたが、
今日もまた教えてもらいました。

思わず、今日は嬉しかったですと子ども達や母ちゃん達にメールをすると、

「どしたの急に?超楽しかったね、ありがとう!」
「これからもよろしく。」
「ありがとう!」
「最高の仲間だよ。感謝!」
「つぎもよろしく!」

って。
いつもはいじってくるばっかりなのになぁ。
素直すぎます。

以前ワークショップで山車を作っていた時に、メンバーの一人が
「わたしも大人になったらひでみたいに子ども達とワークショップやるんだ。」
と言ってきたことがありました。
「そのときは手伝うし、俺のも手伝って。」
なんて返事をしたんですが、
そういう未来がほんとに近づいているのかもしれません。

大人になった彼らと一緒に、地元の子ども達にワークショップをやるのかぁ。
また一つ、ワクワクな楽しみが増えました。
[PR]
by doughnut-official | 2012-04-14 19:00 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< 親子WS「おえかきクッキング」 父親講座 >>