ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

「子ども像と子どもの違い」

僕はふだん一歳半くらいから子ども達とワークショップをさせてもらっていますが、
年齢によって色々な子ども像を聞きます。

特に小さな子ども達だと、
集中力がないから長時間は持たないとか、
筆や大きな紙はまだ使えないから絵の具の遊びは難しいとか。

でも、
そんなイメージを簡単に壊す子ども達の生の姿を何度も目の当たりにしてきました。
f0148974_1720395.jpg

先日お絵かきのワークショップをしていたときも、二歳の女の子は二時間、ひたすらに絵の具と筆で線を描き続けていましたし、
こちらは四歳ですが、「ねこの足あとが~。」とつぶやきながら、自分よりも大きな紙に、こんなバランスで描いていました。
f0148974_17203779.jpg

子ども達はシンプルなのだと思います。
自分の好奇心がはたらけば、集中するし、選びもするし、模索も研究もする。

未熟で大人に教えられるべき存在としての子ども像とは違う、
自分で感じて、考えて、学ぶ子どもの姿がそこにはあります。
[PR]
by doughnut-official | 2011-11-30 17:27 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< 「子どもの目線で子育てを考える」 おえかきWS「風の子動物園を作... >>