ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

栃木県保育問題研究会

みさなんこんにちは!
すっかりごぶさたしておりますが、おかげさまで色々なところでワークショップに研修、講演と時間を過ごさせていただいております。
そんな中今日は先日行ってきた栃木県の保問研さんの講座で面白かったことを紹介させてもらおうと思います 。

講座の中心は、現役保育士さんが50名ほどだったのですが、今回はそこに僕のワークショップ常連の親子も参加することになりました。
熱心なお母さんたちで
「ワークショップを楽しむだけじゃなくて、ひでちゃんがワークショップで意識してることとか子ども観をちゃんと聞いてみたい」
ということだったので、特別に♪
そんな母達の息子・娘と僕の関係はというと、
毎回ワークショップが終わってから
「ひでちゃん、ありがとう!また遊ぼうね♪」
とか
「今度はいつくる?」
とかおしゃべりをする仲良しのメンバーでした。

ということで
先生+ママ+子ども達とのワークショップ講座。
いつも子どもたちとは描いたり作ったりしておしまいだけど、今日は講座なので、説明や解説などトークが入ります。
その間の子どもたちはというと、僕が話してるあいだもそれぞれ自由に作ったりして、満喫してくれていました。
f0148974_16505973.jpgf0148974_16512021.jpg









講座が終了し、保育士の皆さんから「ありがとうございました!」
と嬉しい拍手をいただきます。
すると、その直後、とっておきのサプライズが!!!
拍手鳴り止み、しーんと静まった会場で、四歳のナーちゃんが大きな声で言いました。

「ひでちゃん、おつかれさま!!!」

いつもは 「ありがとね」「また遊ぼうね」というナーちゃんが、今日は

「おつかれさま!」

ねぎらいの言葉をもらったのは初めてのことでした。

子ども達は一見いつも通りの僕だけど、
それでも普段のワークショップと今日の講座の違いを見て、感じとっているんですね 。
講座の最中も「子どもは大人をよく見てる」という話をさせてもらっていたので、
早速その場で「ほらね。」と先生達と確認しあったのでした。

ナーちゃんの言葉をもらって、
僕自身子どもの目がいかにすごいかということを改めて教えてもらいました。
ナーちゃん、そして他のみんなも、来てくれてありがとう!
ひでちゃんはもっともっといろんなワークショップを考えていくし、
「子どもってすごいんぞ」って話を大人に伝えていくからね。

呼んでくださった 保問研の先生方、ありがとうございました!
これからも子ども達の目線に立った、素敵な保育を続けていってください(^^)
[PR]
by doughnut-official | 2011-02-06 16:37 | 研修会・講演 | Comments(0)
<< スケジュール更新 横須賀美術館ワークショップ >>