ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

エッセイ「園長先生の思い」

栃木ツアー報告の途中ではありますが、
今日はある保育園で担当している職員研修の打ち合わせを園長先生としてきまして、そっちもすごく面白かったので、一足先に報告です。

真剣にバカバカしく

素直でマジメな現場の先生たちに良い意味でほぐれてほしい。
そんな園長先生の思いから研修プランを一緒に練っていきました。

子どもの感覚について二人で色々な話をし、僕がポロリと
「…子どもってバカバカしいことも好きですよねぇ!つまんない大人よりずっと冗談がわかってるし。あ、バカバカしいワークショップっていうのも面白そうだなぁ。」
なんていってしまったとたん、園長先生がピクリ。
クッと鋭い目で僕をみてきました。
(やばい、ちょっと勢いで言い過ぎたか、、)
すると、、

「それです!!!!!バカバカしい!!」

なんと先生のツボにもはまったのでした(笑)
「ぜひ大人が本気でバカバカしいワークショップをやってください!」
と園長先生ノリノリ。

その実、二人の思いには、以心伝心
バカバカしいことを心から笑える、そんなゆとりを持って子どもたちとの毎日を過ごしていきたい
という裏テーマがあるのでした。もちろん単純におバカをやりたいというのもほんとですが(笑)

というわけで、
「真剣にバカバカしい」ワークショッププランが本日完成 しました♪

それにしても自分の園の大切な研修会で、外部から講師を担当する僕に全力で
「バカバカしいこと、お願いします!!」
とたのめるこの園長先生、めちゃくちゃ素敵です☆

打ち合わせが終わると、先生は誰に言うでもなく、静かな声で
「あぁ。良い研修になりそう。たのしみ。」っとつぶやき、ほほえんでいました。
子どもたち、職員たちへの思いが僕にもひしひしと伝わってきます。

よっし、真剣にバカバカしく、がんばるぞ!!
[PR]
by doughnut-official | 2009-10-31 17:50 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< おえかきWS「海中トンネルをか... エッセイ「天然」 >>