ブログトップ

DONUT WORKSHOP REPORT

donatsu.exblog.jp

エッセイ「バカじゃないぜ」

バカじゃないぜ

先日行ってきた親子キャンプでの夜のことです。
時刻は PM10:30

ワハハハハ
ひそひそひそ

テントからは笑い声やコショコショ声がたえず、興奮ぎみの子どもたちはなかなか寝付きませんでした。

こういう時、
「子どもは自分で体の管理や気持ちのコントロールができないから、大人がだんだんクールダウンできるよう促しましょう。」
ということはよく言われたりしますが、僕はそうは思いません。

全然寝ない、それはそうです。
いつもと違う場所、いつもと違う友達、さらにはマクラもふとんも全てが違うのですから、
そんなの興奮してあたりまえ。ドキドキワクワクしてあたりまえです。

それならばいっそ、寝れないことも満喫してこそのキャンプですし、
むしろみんなで過ごすスペシャルな夜が、醍醐味の一つといってもいいでしょう。

もちろん次の日は危険そうな遊びはひかえめにしたり、好きなときにゆっくり休めるようにしたりといった配慮はしますけれど。 それでも「子どもを寝かせなきゃ」とはなりません。

寝ない子どもを心配するお母さんたちには
「限界がくれば眠くなるし、その分明日ゆっくり寝たり、お昼寝すればいいですよ。」と伝えました。

そうこうしているうち、活動限界をむかえた子どもたちはすっかり寝静まり、
むかえた時刻はAM2:00。
大人部屋の様子はというと、、、

楽しいおしゃべりと宴会で大盛り上がり。

なんだ。
大人も変わらないですね。笑

相手が「子ども」だからという理由で、
「大人が教えてあげなきゃ・導いてあげなきゃ」
ということが僕らの周りにはたくさんあるように思います。
でも、はたしてそれだけなのでしょうか。

ドキドキなキャンプの夜。思いっきり夜更かしして、
翌朝それぞれ自分のペースで起きてくる子どもたちの姿をみていると、
教えるまでもなく、心身とも健康に生きてる人たちだなぁって思います。

こうして二日目最初のプログラムは朝寝坊となりました。
すると子ども達、その日の遊ぶ時間がすこし少なくなってしまったから、ちゃんとすこしは後悔してたりもしてて。

子どもってそんなにバカじゃないぜ。
[PR]
by doughnut-official | 2009-08-11 09:40 | コラム・エッセイ | Comments(0)
<< NEWS「イクスピアリで巨大絵... エッセイ「親子に学ぶ」 >>